理事長日記

  • home
  • 理事長日記
藤沢育成会 理事長日記 | 最新の日記
"組織"とワールドカップ

"ワールドカップロシア大会"はフランスの優勝で終わった。今回は予選突破以降の日本代表の成績があまりにもふがいなかったので冷めた気持ちだった。突然の監督交代、準備期間に更なる敗戦。いつまでも名の売れた選手に頼っているからだと思っていたが、これまでの西野監督なら何かやる...、だが、あまりに短い...。こんな時、監督はベテランをうまく使って新しい選手をかみ合わせるしかない。なぜなら新しい軸になる選手は簡単に作れないし、戦略戦術を理解するのも難しいから。

2得点した乾選手がインタビューで"前監督なら選ばれなかった..."と応えたのが印象的。Jリーガー唯一先発の昌子選手は今回初出場。日本では得点した選手を讃えるが、サッカー先進国ではポジションでの躍動を10点満点で評価する報道がある。高くても8点止まりが一般的だが、ベルギー戦で8をたたいたのが吉田選手。負けチームのディフェンダーが8得点は珍しい。得点しなければ勝てないが、好守備に鼓舞され普段よりも強いエネルギーが発揮されるのは人間の常。故にベルギー戦で原口選手の得点が生れた。日本代表では見かけないが、ワールドカップではよく見る守備から一転加速度的な攻撃、得点。そこに一人一人の役割があり下支えがある。この時は柴崎選手。スルーパスの成功率が高くチャンスメーカーとして得点をお膳立て。前監督ハリルホジッチは"デュエル"を連発した。仏語の"決闘"だがスピードや縦の攻撃を意味する。柴崎選手のスルーパスは見事だった。

しかし、選手が仲間を信頼していなければ得点につながらない。柴崎選手なら縦にパスがくると信じ原口選手はまっしぐらに走った。それは"仲間を信じる力"。チームがバラバラでは出来ない。チーム内の信頼を生み出すために西野監督は本田選手と話し"チームが苦しい時に出てもらう"と伝えた。影響力の強いベテランをどう使うかは監督の悩みどころ。頼りたいが頼りすぎると後半息切れし、ワンテンポ遅いプレーで失敗。だから、先に監督の意向を伝え納得させる。チームの結束を図り方向性を浸透させ、組織力が+αを生むように図る。当り前だが理論的に正しければだれもが出来るとならないのが現場の現実。"出来る"と"判る"は決定的に違う。研修で判っても現場で出来ることはほんの少し。そんな時、悶々とした感情が影を落とす様子は見落とせない。技術委員長として日本代表を見続けた西野監督には判っていたのだろう。チームを再生するのは技術だけではない。スポーツライター二宮清純氏の『勝者の組織改革PHP新書)』に日本の決定力不足は「"スキル=技術"はあっても"ウイル=意思"がない」と。選手の意思が強く働くように腐心した西野監督の勝利。リーダーシップは現場で頑張る人たちの"意思"を生かすこと。だからリーダーはスタッフと日常的に繰り返し会話すことから始まる。(2018.8

 

>>・・・続きを読む

塩梅が必要な"インクルージョン藤沢"

"危険を冒す自由を下さい!"という言葉の考え方はまだまだ色々ある。人が危険にさらされているのに、黙って見ていられない人たちが多くのケアワーカー、ソーシャルワーカー。自己決定支援だからと言って、危険を回避させようとしない人はいない。でも、当事者は必至にやってみようとする。自己決定支援を考えると実に多様な状況が想定される。

例えば、ルールを守れない障害者がいる。ルールを守ることは地域で暮らすためには最低限必要だ。なぜなら社会的ルールを守らなくて良い人はいないから。でも、ルールが理解できず障害の特性が故に守れない人がいる。子どもの頃からルールを守れない人を"障害児だから..."とあきらめる様子が見える。どうだろう...と、考え込む。多動な人が高齢者になっても多動のまま暮らす人を見ない...。「強度行動障害です」と言うが、いつ頃まで症状があったか判らない...。元々強度行動障害とは、現象を見た結果でラベリングした。それは、現象であって原因ではない。更に多くが幼児期からの療育にあらがった結果でもあり"二次的障害"と言われる。障害要因を一次的障害と言い、環境因子等による行動障害(特性)が二次的障害である。そう考えると、ルールを守れないから...とは、"仕方がない..."と言っているにすぎない。それは"障害者だから仕方がない..."となり障害者の可能性を否定している。

"Aさんは○○だから"と言う人の横で、他の支援者がいさめるとしぶしぶでも従っていることがある。ダウン症の方は固執するから仕方がない...と言うが、受け入れる容量が無いのではなく少ないだけ。だから障害特性や個性を知る必要がある。利用者は支援者の個性をしっかりと見極めて応じている。相手によって応じ方を変えている。それが自分を守るすべだから、感性豊かに情報を集める。答えを一つにしたがる現代人は、○か×で判断したがるから、利用者が言うことを聞かなくても徹底的に追い詰めて"ダメなことはダメ!"と言い続け答えにしてしまいがちだがそんな話ではない。その人の許容範囲と理解範囲、そして社会の受け入れ容量などを勘案した内容を見出さなければならない。それは答えではなく"応え"である。梅干をつける時の塩加減である。梅の出来具合、その土地の気候風土、毎年の天候の変化などを勘案して塩を加減し、腐らないように、塩っぽくならないように"塩梅(あんばい)"する。とても難しく"勘"が働かなければできない。"勘"を頼りに支援"案"を作る。つまり利用者の様子を"勘案"する。それがアセスメント。そして一度出した答(応)えがいつまでも通用しないから常に"勘案"しなければならない。再アセスメントだ。仕方がない...とあきらめた支援は障害者差別だとは言わないが、本人が秘めている可能性を見捨てている...と言いたい。社会に当り前のように存在(インクルージョン)するとは、この"勘案"した支援が必要なのだと自覚したい。(2018.7

>>・・・続きを読む

"朝ドラ"が見る障害像

不思議だが昔からNHKの朝ドラファン。「たまゆら」や「おはなはん」を知る人はいないと思うが「おしん」は記憶にあるだろう。時代の女性像や家族像を映し出す番組だと思っている。「おしん」のサクセスストーリーは発展途上国でも人気だった。"頑張れば..."の写し鏡だろう。変化の兆しは「青春家族」。石田あゆみがキャリアウーマンを演じ、息子に子役の稲垣吾郎、姉はパルムドールに輝いた「うなぎ」の清水美沙。初めて"離婚家族"を描いた背景に離婚率の上昇があった。最近はウイスキー、ベビードレス、お笑いと企業史が続き、新たな事業展開を希求する現代が透けた。今は「半分、青い」。漫画チックな作風やリズム中心の主題歌に時代を感じる。初めて障害者がヒロインとなった。病で左聴力を失う。障害者と言っても法的には障害者ではない。身体障害者福祉法では軽度でも片耳だけの聴力障害は対象にならず手帳はない。障害が確定し、受容に苦しむ家族とそれを気遣う主人公(子ども)。その時の言葉が"半分になっちゃった"。だが家族、仲良し町内会に育まれすくすく成長。しかし、就職戦線で挫折。13か所ことごとく不採用。ようやく合格した農協は祖父の口添えがあった。ところが突然現れた著名漫画家の勧めで東京へ。

東京行きを決める時の家族の話合いが"障害受容"。母親は言うまいと思っていた祖父の後ろ盾を話す。主人公は"知っていた!"と返し"左耳が聞こえないことを隠して合格したくない!"と。おろおろする親たちを慰め励ます良き隣人。ヒロインの葛藤を見守る幼なじみ。失礼だが左耳が聞こえないことでここまで葛藤し障害受容に苦しむ様子で想像しがたい"心"が映った。障害が重い人、その家族はその"時"をどう乗り越えたのか...。就職試験の不合格=採用側≒社会の偏見と言わないまでも、それらしいニュアンスを醸し出すセリフ、映像、登場人物それぞれの立場の演技がそれを表した。社会は、法的には障害者と言えない状態でも"違う人"と見る。仲間として受け入れるには、社会が作り上げた"壁"をクリアしなければならない。壁は、障害が創るのでなく、社会の偏見等が作る。初めて障害者がヒロインになった朝ドラは、感性で障害者差別を映すが、自覚のない人にはどう映るか...。ハンディのある人、周辺の人たちの葛藤はすべては判らない...。だが、社会が取り除く意思を持たねばいつまでも"壁"が残る。でも大丈夫...。東西ドイツの"壁"=ブランデンブルク門を壊す若者の姿を思い出す。"壁"は今と次代を遮る障壁。だから、恐れて何もしないよりは、しっかりミッションを感じ前に向かう。なぜなら壁を壊した先にドイツ統一の時のように多くの人の当たり前の暮らしが誕生するから。それが本当の"合理的配慮"。そして障壁を壊す時、障害のある人々の葛藤が少しでも軽減できる...。そうありたい。(2018.7

>>・・・続きを読む

"それぞれのMy Life"と平等性の担保

 前回、それぞれのMy Lifeを目指すのがインクルージョン藤沢と書いた。1人ひとりが自分らしく暮らすことはとても大切で、自己決定支援とつながる。"自分らしい"とは、自分の考え方にふさわしく暮らしていることだから、自分で決めなければ出来ない。かつて、障害者の世界大会で当事者発言が際立った。それは"私たちに危険を冒す自由を下さい!"。多くの人が経験する"冒険"。それは"初めてのお使い"であり、失恋のリスクを承知した告白。こんなことは誰もが経験する社会生活上のリスク。考えてみれば、長いこと一緒に暮し、何が何でも守ってくれる親を捨てて結婚するなんて冒険はリスクのかたまり...。いや、これとて多くの人がする冒険。それゆえ人生は楽しくもあり、苦しくもある。そう考えると"私たちに危険を冒す自由を下さい!"という主張は実にノーマル。当り前の暮らしにこれが入るのは極めて当然。それが"それぞれのMy Life "。

 しかし、それぞれのMy Lifeはどこまで許されるか...悩ましい。なぜなら、社会にはみんなが暮らしているから、自己主張のみで自分のやりたいことだけだと社会が成り立たない。一番前の席に座りたいから並ぶ人を押しのけて乗車する。こんなことはいけないと判っているが、自閉的傾向のある人のこだわりだったらどう考えれば良いのか...。障害者だから許すのか...。通勤時間にバスを待っていると、後から来た視覚障害者が先頭に立った。その方は最後尾が判らずそうしたのか、それとも障害者だから優先されると考えているか判らなかった。暫くすると同僚が来て最後尾に誘導した。翌日は同僚がおらず最前列のままでいたら、先頭の方が"どうぞ"と声をかけた。あ~ぁ、受け入れられているのだと思った。自閉症も障害者と認識されているが、だからといってすべて許される訳ではなく、許される時と許されない時がある。だから答えは一つにはなり得ない。そんなこと障害者には判らないじゃないか...という人もいるが、そうだろうか。

 それぞれのマイライフを主張する私たちは、何を目的にしなければならないかをしっかり考え直すべきだ。施設内など与えられた場所で療育担当は社会生活に必要なルールをどこまで伝えているか考え込んでしまう。障害ゆえに出来ないことがあるのは判るが、障害を理由に出来ないままで良しとすると、あえて言えば障害がある人の学習のチャンスを奪っていないか...とか、最初から出来ないとすると彼らの能力を否定していないか...など、複雑な思いが重くのしかかる。同じ人間だと主張し同じ町で暮らしたいと思うのは当たり前だが本当に難しい。周囲の人が最善の努力をして、障害者はすべて許される社会を望んでいるのではない。地域で暮らす仲間になるとは、これらを考えた上のサービスが必要。大変難しいが、彼らに判るように社会ルールを伝えそれに基づいた支援をしないと、社会からは身勝手な主張をしているだけに見えるのではないかと危惧している。2018.6

>>・・・続きを読む

新聞が変わった・・・社会が変わる

 前回もそうだったが1ページすべて使った新聞記事がある。その特集に『「印鑑社会」は変わるか』とあった。中央に印鑑を持つ手、下に"タブレット端末でのサイン"と"ICカードを使った電子署名"の絵。文章は右半分が「月刊 現代印章」の編集長、左半分は弁護士で両論併記。こうした記事が今の新聞の特徴のようだ。以前は新聞が速報性のあるメディアだったがテレビに奪われた。ライブ、映像付きでお茶の間に届く道具に速さ、臨場感共にかなわない。だから、テレビでニュースを見る人が増えた。

 それでも、忙しい朝にテレビを見る時間がない人は、満員電車で窮屈そうに新聞を広げたが近ごろは見ない。もちろん、本を読んでいる人も見かけない。"若い人は、新聞も本も読まないのか..."と思っていたが、情報媒体が多様化したからだとようやく判った。よ~く見ると判るが、タブレットやスマホを見ている人の動きが目的、用途によって違う。ゲームに夢中な人の隣に座ると悲惨だ。何故なら、体をゆすりせかせかと操作するので振動が伝わり落ち着かない。他にほとんど作動せず凝視している人。この人はイヤホーンをつけ映像を見ている様子。指が上下動している人は好みの記事を探す...。これまで本を持つ以外小説など読めなかったが、電子図書もあるから単純に活字離れとも言えないようだ。

現代ではホットな報道の最右翼は電子媒体。振り返ると確かに種々電子媒体で読む。天気予報は確実に電子媒体が好み。何故なら欲しい情報の地域、時間、時期が選択でき大変便利。興味あるニュースに出会うと関連ニュースも併せて見るためには電子媒体が効果的。それでも紙ベースで見ると安心して情報確認が出来ると感じるのはいよいよ高齢者だな...。こうなると新聞の役割、価値が変化し、ニュースの深堀り、周辺情報も含めた報道で新たな新聞の価値を探っているようで、特集記事を好んで読み始めている。

そんな折『サボリのススメ』があった。八重洲地下街相談役、雇用ジャーナリスト、元プロ野球投手・解説者の三者の意見だ。元プロ野球投手はメッツでも活躍した小宮山悟氏。そこに「一生懸命やり続けることがベストでしょうが、坂を上っているつもりでペダルをこいでいても、いつの間にか下り坂になっているかもしれない。」「自分の立ち位置を見渡せる踊り場のような状態が必要です。」と。ただ頑張る時代は去り、自分自身を振り返る時間が必要だという考え方。我を顧みず頑張っていると自分を見失っていることすら気づかず精神的にも追い詰められる時がある。だからサボリの勧めという"働き方改革"の提案。印鑑社会が変わることも、新聞の価値が変わることも、働き方改革に"間"の大切さが入るのもかつては思いもよらなかった。少しずつ、緩やかに、しかし、しっかりと社会の変化が訪れていると、じんわり感じた。(2018.6

>>・・・続きを読む

ページトップへ
  • 藤沢育成会からのお知らせ
  • 福祉ナウ&ヒストリー
  • スタッフ日記
  • 施設長日記
  • 理事長日記
最新のおしらせ

過去のお知らせ

<   2018年8月
      2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31