理事長日記

  • home
  • 理事長日記
藤沢育成会 理事長日記 | 最新の日記
"文化"が変った?!

 "一燈を持ちよろう!"の合い言葉と共に神奈川県内一斉に募金活動をしたことがあった。「ともしび運動」である。またたく間に広がり募金活動は活況を呈した。当時の神奈川県知事長洲一二氏が提唱した運動で寄付を集め様々な社会福祉事業が展開された。障害者の働く場として創設された喫茶店にも"ともしび"と冠し、県民であればだれもが聞いた言葉だった。それより前に全国に広まった募金活動が「赤い羽根共同募金」。社会福祉法人全国共同募金会が組織され、最近こそ集金力に陰りが見えるが、学校や町内会、企業など身近な組織に密着して安定した活動を続けている。おかげで多くの社会福祉法人が何らかの恩恵に預かっている。

 

中学生の頃、この"赤い羽根"のために学校ぐるみで募金活動を行い、生徒会活動の一環として放課後や日曜日に制服で街頭に立った。当時から趣旨を理解していない人もいて"いくらですか?"と聞かれることもあった。説明したうえで"おいくらでも..."と話すが"いくらなんだよ"と怒り出す人も。話し好きが募金箱の前を占拠し募金しようとしている人をさえぎることもあった。高学年になると横浜駅、伊勢佐木町商店街まで行った。中学時代のこの体験は、募金活動の趣旨を理解する場面であり、社会の人々を理解し、自分自身が社会の中で暮していることを実感するとても良い場だ。だが、最近は民生委員児童委員や老人クラブの人々がほとんどで子どもの姿を見ない。それほど寸暇を惜しんで勉強している訳でもないだろうが、求められていることが違うようで子どもが消えた。もちろんネットでも活動しているが、街頭で見かけるのは交通遺児グループ。学生中心の主体的活動。若い声が街頭に響く時、応援したくなるが、寄付金が集まりにくいのは共通課題。

 

 一方で定着した様子の"ふるさと納税"には"返礼品"がある。次第に"返礼品"目当てが増えた。だから"返礼品"合戦が始まり、珍しいもの、付加価値があるものなど地元の商品ではないものが増えた。驚くのは7割まで返礼品の地方自治体だ。大阪府泉佐野市。笑えないのは本来の目的を逸脱しているから。そこで総務省が3割まで、地元産に限るとした。しかし泉佐野市は従わない。ふるさと納税は、育った土地で就職せず都会で働く人々が多くなり地方自治体の税収が上がらず困窮しているためにスタートした制度。住んでいる自治体への所得税納税だからこの問題が起きる。育った地域への配慮、好意がふるさと納税だ。しかし、今は見返りがないと動かない。買い物時のポイント制度も同様で店舗選びがポイントで決まる消費行動がある。プライバシーがすべて見透かされることなどお構いなし。社会福祉事業や社会問題への募金活動が低下したこととふるさと納税の過当競争から日本人の行動パターンが透けて見える。社会福祉事業も変わらなければ時代に取り残される。(2019‐⑤)

>>・・・続きを読む

イメージを創る

 スポーツ、ニュース番組以外はTVをライヴで見なくなった。録画して空いた時間で見るとマイペースで見ることが出来る。そうなると好きなものだけ見るようになるので趣向が変わった。ドラマが始まる頃は色々録画するが、自然淘汰され興味のない番組は見なくなる。深夜番組など見なかったが、録画して見る。例えば『駅(空港)ピアノ』は最近のお気に入り。駅にあるピアノを設置カメラが映す。演奏後ちょっとだけインタビュー。内容は編集してあり、映しきれないひととなりをテロップで流す。誰でも弾けるピアノがあることが文化だと思うが、これほどたくさんの人が弾く姿に驚く。映し出された人の人生は様々でホームレスから移民、プロを目指す音大生、プロ音楽家等、次々に好みの曲を演奏する。皆一様に笑顔だ。これだけの番組に人生を感じ、暮らしに根付く音楽を観る。バカ笑い番組とは無縁となった。また、番組が終わると消す習慣がついた。

 

食卓近くにはテレビがないのでラジオを聞く。平日の朝食時はNHK三宅アナウンサーが身近な内容を交えてニュースを紹介。聞き漏らすと判りにくくなるが、だからしっかり聞こうとする。テレビでは聞き漏らしても映像やテロップで判るから印象が薄い。そんな違いを感じていると相方が話しかける。ラジオの音と交錯し聞き漏らす。それはそれでいい。休日、朝食時間にラジオドラマが始まった。認知症になりかけた父親の話しを西田敏行と竹下景子が演じていた。父親の症状の変化が丁寧に描かれ聞き入ってしまった。聞き入れば聞き入るほど映像が鮮明になる。父親が困惑している様子、怪訝な妻、それを見ている娘、ナレーションが補足。テレビドラマと違い、自分で映像を作る作業が面白い。短いドラマだったが確実に自分のイメージを持ち、膨らましていた。

 

 かつて週刊誌に"パワポ馬鹿になるな!"の記事があった。パワポで研修を受講、新商品をパワポでプレゼン...の時代。誰もがパワーポイントの価値、効果を認め、何処でも使う時代に"パワポ馬鹿"はない...と思わせたが、すべてを示すと簡単に判った気になる。バラエティー番組で、訳も判らず笑う姿や笑い声を出し"笑い"を誘発する。笑わないと意味が分らないおバカさんになる気がして迎合する。娯楽は嗜好であり、伴う感情は自分自身のもの。そこまでコントロールされるのは心外。テレビを"一億総白痴になる!"と批判したのは大宅壮一。過去の話しだが、本当に総白痴になったか...。時折、学生に頭の前にスクリーンを作って、そこに自分が創った映像を映して聞きなさいと話す。ハンディがある人、差別されている状態、苦しんでいる人を言語で理解するのではなく感じて欲しい。最近は基礎学力を○×で評価されてきたからこれが苦手。多様な答えが考えにくい。本来ドラマは見た人の数だけ印象が違うが、今はみな同じ印象を求められているようだ。本当は、それぞれ違うということが判らない。だから、対人援助がマニュアル化し画一化。「個の尊重」など絵空事。この仕事のプロとして本物になるにはこの問題が大きい。(2019.8

>>・・・続きを読む

"求人事情"から見ると...

 かつての痛(通)勤地獄は様々な工夫で多少解消されたようだが、どうしてこれだけの人が...、どこから湧き上がるのだろう...、などと不思議に思うほど多くの人が電車で職場に向かう。その仲間になるために就活する学生がリクルートスーツで街を歩く。そのような服装で企業訪問すらしたことのない者には、同じ服装で会社をめぐる統一性が滑稽にも見えるが、学生には人生を左右しかねない重要な問題。会社側からすれば将来性ある人材の採用は、企業の伸びしろそのものだから真剣。保育系の学生を相手にしていた頃"面接官を面接するつもりで..."と話したが、最近は良い子を演じ好感を持ってもらうために腐心しすぎている。自分らしさを表現しなければ、その後が苦しくなることなど考えが及ばない。事業規模や収入、知名度などが選択する要素の上位に上がる。だから面接で障害福祉の仕事を選んだ理由を聞きたくなるが画一的で"質""個性"を感じない。

 

 一方、社会福祉法人は決定的な"人出不足"。就職支度金を上乗せし、福利厚生の優遇を謳うなど。知ってもらわないことにはどうにもならないので、若者が手にしやすい情報提供に奔走する。仕事とは何か...などと言っていられない。利用者種別でも異なり障害系は人員確保が難しい...、児童系は応募がない...、高齢系は新設施設が人出不足でオープンできない...など。これが非常勤採用ではちょっと事情が変わる。非常勤希望者は千差万別。子育て中だから出来る時間内で働きたいが、落ち着いたら常勤職員で活躍したいと考えている人。一方、専業主婦だが子育てなどが落ち着いたので扶養の範囲内で働きたい人。扶養の範囲が曲者で頑張っていただいているのに扶養から外れる収入になると休止せざるを得ない。ベテランが休止すると痛手だと承知しても...。他に収入が必要でダブルワークも。それは格差社会の一端を垣間見る。一方、専門職やスペシャリストとして活躍した人が、キャリアを生かして少しだけ仕事をする人、これまでとは違った仕事に就きたい人、出来るうちは...と考える人など。実に幅広な働き方がある。

 

 これが社会福祉法人の広報活動に影響を与える。若者にはネット情報が確実。ネット情報はトランプ大統領の"フェイクニュース"ではないが、単なるうわさ話もあるので何とも言い難いが、面接時、確実にホームページを読んだ形跡がある。"地域移行が進んでいる法人だから..."と言われると、"どうしてそう思ったんですか..."などと聞き返したくなる。情報は鵜呑みせずしっかり確認したい。他方、再就職先として考える年代は折り込み広告。しっかりとコンセプトを抑えたい。パート就労や非常勤職員でも長時間働きたい人はネットと折り込みが半々ぐらい。ネットの都合よさを享受している人と、アナログ派を自認する人の違い。このように見ると社会福祉法人が求人広告を出すのは当たり前。それ以上に求人の要素や法人の特色をしっかり表現しないと求める人とのマッチングを見誤る。新聞離れや働き方改革、人材不足の相関が見え隠れ。(20197②)

>>・・・続きを読む

余韻

 以前から自室で音楽をかけ続けた。歩く時は初代アイポット。お供の音楽は若かりし頃のフォークソング、クラシックっぽい歌などなんでも良い。音楽に造詣が深い訳ではないから好きなように聞く。だから統一性はなくジャンルなど説明出来ない。"好き"とはその様なもので、理屈ではなく相性が良い程度のことのようだ。いつまでも忘れられない音楽がある一方、あっという間に消えるもの、聴こうとしなくなるもの...。それらが混在して捨てられないCDがたまっている。レコードの時代、カセットの時代、MDの時代のものもたくさんあったが、音源がなくなったことを理由に捨てた。だが、今はもったいないことをしたと思っている。

 

 最近、ほとんど聞かなくなったCDを取り出した。昔のことだが武満徹のCDが欲しくて選んだのが「水の風景」。大体、CDなどと言うところから古いのだが、これを聞き続けている。つかみどころがない印象だが、変幻自在に形を変えて流れる"水"の正体を現しているようだ。音がふわ~っと消えるように聞こえる様子を面白がっている。武満徹は"余韻の音楽"と言われるそうだ。既に他界した武満は独学で取組み世界レベルの作曲家になった。団伊玖磨や芥川也寸志、黛敏郎などの後に出た作曲家として著名だが、わかりにくくイメージがわかないと思っていた。独学の作曲家ではゴジラのテーマ曲で著名な伊福部昭を知る人は多いようだが、武満徹は一般的ではないようだ。

 

 余韻の音楽...。音楽は聞こえる音で表現するのに余韻は音と音の間。音が出ていない音楽。聞こえないのに聞こえるような音楽。だから、イメージが膨らむ人は面白いだろうが、イメージがわかない人には見えにくい。当初は全く音と音の間がイメージできず、ビブラフォンの美しさを聞いていた。だが、年齢を重ねたからか、心境の変化か分からないが、ビブラフォンの音と音の間の色合いが感じられ"余韻の音楽"を聞き続けている。もともと和音の美しさだけでなく、単音の美しさも好きで澄み切ったビブラフォンの余韻に浸る。楽譜に休符があると"休み"と理解するが、"余韻"を感じると音の色が違う。何かと何かがつながる時、実態でつながる時もあるが気になる程度のつながりもある。無駄に見えても、それがないと回らないものがある。多すぎても、少なすぎてもうまくいかないものもある。人の暮らしにはあってもなくてもいいようなものもある。でも、それがないと何となく充足できない...。"余韻"とはそんなつながりなのか...。そこでほこりをかぶった国語辞典を引っ張りだすと音の後にかすかに残って続く響事が終わった後になお残る風情や、論文などの言外の趣と。かすかに残る何かがつながる...、そういう感じ...。日々の支援にも"余韻"があれば利用者の暮らしは大いに変わると思った。澄み切った"音"を"支援"と考えれば、支援と支援、人と人の狭間にある余韻を大切に、それぞれにフィットした支援を見つけたいものだ。(2019.7

>>・・・続きを読む

格差社会のニーズを追う

 最近"ヒャッキン"によく行く。店舗数が多くなっただけでなく品揃えに驚きの商品が混ざりミステリアスだから。平日の昼間もレジは並んでいる。時折、利用者さんたちがにぎやかに買い物する姿も見る。最近のヒャッキンは食料品に力を入れているようで売り場面積が広くなっている。かつては安い労働力を使った粗悪品もあったが、最近は懐かしい銘柄も並ぶ。例えば東北のお土産の定番・南部せんべいはスーパー等では見ないが、ヒャッキンでは3枚入りの小袋がある。アイディア商品も。スプレー醤油さしは、醤油を控える人にお薦め。ヒャッキンでTV番組になるほどだから...と思う。とりあえず暮らせる品ぞろえは驚くばかりである。

 

障害当事者が"僕はヒャッキンでしか買い物が出来ない!"と訴えた姿を思い出す。毎日働いているのにヒャッキンでしか買えない。お金がないという訴えだ。そう、ヒャッキンがはやるのは品ぞろえだけでなく、100円の買い物しか出来ない人が買いやすい店舗ということ。便利で手軽、格安感は欠かせない要素だ。中には300円、500円商品もあるが、ほとんど100円。パンやうどんなど主食類も100円。

 

駅に向かう道にレストランが並ぶ。"ディナーコース5000円~"のメニューがある一方で牛丼や駅そばなども。食事も自分の財布と相談して店舗を選ぶ。また、和食、洋食、中華だけでなくエスニック、無国籍、創作料理など実に多様だ。一時は斜陽かと思われた"ファミレス"も花盛り。高級感を漂わせる〇〇に入ったら、すべて1000円以上のランチ。メインデッシュを選ぶだけでなく付け合わせや主食も選択できる。背もたれが高く個室を感じさせる4人テーブルで相席はなし。落ち着いた雰囲気でファミレスのにぎやかさはない。穏やかな時間を過ごしたかったので正解だったが昼食には少し高め...。一方、ランチ500円、ドリンク付きなら110円増のファミレスがある。昼もほぼ満席、夕食時になると待たされることが多い。200円弱からのメニューでバリエーションを楽しめる。中・高生、大学生、社会人、多様だ。酒を楽しむ人もいて、かつてのファミレス感覚はない。そこに小学生3人のグループ。長姉が仕切って食事を注文する。違和感が全くない。きょうだいか...、それとも...などと思いながら見るとダウン症児が一緒。何くれと長姉が世話する。ダウン症児の安心した様子は普段通りを思わせる。おせっかい心がす~っと消えた。食事が済むと本を読むなどして過ごしていた。長姉に携帯がかかるとそれぞれ身支度。わずかな時間で母親が来た。皆何を言われることもなく帰った。お母さんは食べないのか...おせっかい心がまた動く。シングルママが食事の時間に帰れず子どもにファミレスで食事させ、自分は仕事を済ませたようだ。ファミレスもヒャッキンも多様化の時代。その実、格差社会を表している。何を支援すれば良いのか...。嫌、そんなおせっかいは、はた迷惑か...。長姉はどんな想い...。母親は...。食事に行ったのだが、景色への想いで満腹に。(20196②)

>>・・・続きを読む

ページトップへ
  • 藤沢育成会からのお知らせ
  • 福祉ナウ&ヒストリー
  • スタッフ日記
  • 施設長日記
  • 理事長日記
最新のおしらせ

過去のお知らせ

<   2019年8月
        2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31