理事長日記

  • home
  • 理事長日記
藤沢育成会 理事長日記 | 最新の日記
"じじばば"参観日

 保育園の"ジジババ参観日"に行った。1時間程のプログラムはメロディオンの合奏と創作。その後一緒に給食。案内に「祖父母の方を対象に、子どもたちと交流」とあった。だから創作はジジババも作れたが、見回すとババたちは一緒に楽しみジジたちは眺めるばかり。さもありなん!このために遠くは熊本、広島、長野から。こういう時代なんだと驚くばかり。ふと、保育園って...と思うのは職業病か...。

 

 日本最初の保育園は、華族女学校附属幼稚園教師だった野口幽香と同僚の森島美根が設けた。貧民窟の子どもたちの幼児教育の場で、現在も都心にある「二葉保育園」。長崎では、岩永マキが子ども救済活動を始めた。岩永はカトリック信者で最後のキリシタン迫害を受けた。帰郷を許され荒れ果てた故郷に戻り、次代を担う子どもたちに食事を与えるなど世話をした。現在の「浦上養育院(児童養護施設)」。当時は極貧状態が多く、子どもの貧困への"善意"だった。時代がすすみ秋田の聖園短大では、農繁期の子どものケガの増加を憂い支援した。それが「季節保育所」。必要な時は農繁期だけ。あとは家族と暮らす子どもへの支援はまさに社会福祉の原点、"必要な時に、必要な人"へのサービスだ。更に"保育"という言葉。現存する「鎌倉児童ホーム(児童養護施設)」は明治時代に佐竹音二郎が創設。捨て子を育てる決心をした佐竹は"孤児とは言わせない!"と施設名を"鎌倉保育院"とし、"保育"という言葉が誕生した。法整備と共に保育園児を"保育に欠ける子"と称し、両親が働かざるを得ない家庭も対象となった。次第に拡大解釈され貧しさとは程遠い共働き家庭も対象になり、ジジババが面倒みられない訳ではないが幼児教育の場として保育園が活用される。保育系学生が保育士と幼稚園教諭の違いが判りにくいのは、時代がうつろい理解しがたい状態になったからだろう。

 

 かつては保育園で"父母会""参観日"などを設けたら"何を考えてるんだ!面倒見れないから保育園に通わせるんじゃないか!"などと言われてしまったのだろうが、今は"父母会"や"参観日"はよく見かける。それどころか"ジジババ参観日"まであり、その"おもてなし"は至れり尽くせり。これが当り前と思わないが、当り前になりつつある...。幼児教育と保育の違いはますます判りにくくなった。時代にあらがうのではなく、時代の変化に応じるのは社会福祉では必須で、それに伴うニーズを見つけなければ時代遅れになる。だが一方で、被虐待児に保育園機能を生かして家庭に戻す努力も展開されている。ニーズは時代と共に変化する。子どもには間違いなく通う場≒保育園が生命線になっていることも忘れてはならない。かつて、保育園での子ども虐待対策について調査した時、"あの子は虐待を受けていると思う。でも通告しません。だって、風評被害が怖いじゃない!"と聞いた。時代と共に変化するのは当然だが、根底にある基本理念や思想は変わらない。現状を日本初の保育士・野口由香はどう見ているだろう...。(201910②)

>>・・・続きを読む

『なつぞら』~戦災孤児~家族

 朝ドラ『なつぞら』が終った。年輪を重ね涙腺が緩くなり抑えるのに苦労した。主人公なつは姉たちの世代。当時は「学童疎開」があった。子どもたちを乗せた対馬丸が海の藻屑となった悲劇があった。なつは東京大空襲にあい、父は戦死、母は空襲で他界。兄と妹の3人は子どもだけで暮さざるを得なくなった。このような子が「戦災孤児」。上野の地下道などに寝泊まりする家がない子を「浮浪児」と言った。食べ物がなく盗みを働いた。国家が「浮浪児狩り」と称し収容した。日本における児童福祉(現:子ども家庭福祉)の始まり。県内でも昭和21年の県立中里学園を始め多く児童養護施設が設立された。当時は社会全体が食糧難時代、困り果てて犬肉を食べた話まで聞いた。3きょうだいは別々に育ち、大人になって再会。兄は娯楽の殿堂ムーランルージュの踊り子に育てられ、なつは知人の牧場(北海道)で育ち、妹は赤坂の置屋に拾われた。だが、これはとても幸運だ。誰からも助けられず亡くなった子、盗みで命を繋いだ人、反社会的集団に身を投じたもの...。浮浪児だった人々の回想をもとに石井光太氏が『浮浪児1945(新潮社)』で追跡している。

 

今は被虐待児の問題が中心だが当時は戦災孤児。この分野担当の頃アメリカから問い合わせがあった。某市の施設で育った後、差別感情から逃れてアメリカに渡り教員生活を続けた方がお礼したい...と。残念だが該当施設なしと告げるが納得されず。再調査で廃業したと判り伝えると残念がった。故郷を失った気持ちだろうと察したが如何ともしがたく連絡は絶えた。この時代は他にも子どもの悲劇があった。日本人と現地女性との子どもの戦後は差別など苦難の連続。今言うハーフは「混血児」と言われ差別対象だった。大磯のエリザベスサンダースホームは、子どもを守るため施設内学校をつくった。

 

中国からの帰還は深刻で過酷。私は帰国後生まれたが我が家は「引揚者」。中国や朝鮮半島等から帰国した人。中には子どもを連れ帰れなかった親が...。残された子どもは「残留孤児」。母は中国残留孤児の報道をかじりつくように視、時折涙をぬぐった。気丈な母は子どもに涙を見せなかったがこの時ばかりは抑えきれなかった。"うちは海に近かったらみんなで帰れた..."と。だが「引揚船(帰国者を乗せた船)」で大事件。足の踏み場もない船上で姉1人が行方不明に。誰もが船酔いの荒れた海。行方不明になった姉をあきらめざるを得ないと覚悟した時、迷子になった姉が顔を見せた。佐世保に着き故郷の広島まで、父はそのまま仕事で東京。家族全員が栄養失調で病院に収容された。母の涙は、姉の行方不明が陸地の出来事だったら...と重ねたのだろう。戦争が悪い。でも戦争を止められなかったのは日本人。だから"二度と起こさないで欲しい"ではなく、"起こさないために何をすべきか"考えられる人でいたい。そして、当時と現代では社会的養護の課題が決定的に違うと理解できる。それはあらゆる分野に言える。時代が変えたのではなく、そこに住み暮らす人々が関与した結果。『なつぞら』で涙腺が緩むのは仕方ない...。(2019.10

>>・・・続きを読む

社会から障害者を見ると

 障害者施設で働き続けると障害者への配慮は当り前に感じ、社会の配慮の現状、限界に気づかないことがある。この結果障害者は社会のルールに従わなくてもいいことになりかねない。"インクルージョン藤沢"は施設で配慮すべきすべてが許される街を求めているのではない。それは彼らの可能性を否定しかねないから厳に慎まなければならない。判りにくいのでたとえを考えたい。

 

 民生委員の研修会で「みんな整列しているのに横から入って好きな一番前の席に座ってしまう人がいるが、何とかならないか。」「そのままで本当に良いのか...」と聞かれた。"障害者だから多めに見てください"と言えるかもしれないが、そうは答えられなかった。状況を聞くと始発のバス停で全員座れる、他の人は黙認しているという。そこで"皆さん受け入れてくださっているんですね。ありがたいことです。"と応えた。障害特性を承知しているかどうかは分らないが、全面否定されていないことから地域の寛容さを見つつ"地域を協力者に"というTEACCHの原則を思い出した。次に、それなりに混んだ車両の一角だけ空席があったので見ると利用者とヘルパーさんが座っていた由。そういえば、満員電車で運良く座れた横に座った女性がアニメから出てきたような姿で目を引いた。しばらくすると独語。奇妙な印象は免れないと思っていたら反対側の人が降りるともなく立ち去った。自分に関わることでなければ許せても自分に関係すると拒否感が芽生える。通勤時間より少し遅れて出勤すると大学の通学時間になる。障害者の事業所に通う時間と同じだ。多くはルールに従っているが、時に強いこだわりからやむにやまれぬ行動がある。見かけた人は車両を往復する人。だが行動が始まると学生たちが少しずつよけて中央にスペースを作った。"好きなだけどうぞ!"と言っているようでとてもうれしい光景だった。

 

相模原事件後、それなりに成功した年配者に植松被告を否定できない人がいたと聞いたが、若者たちにはそのような感覚はなさそう。一概には言えないが、団塊の世代は競争社会に生きてきた。しかも当時は障害者が学校に通う姿はなかった。だから障害者と共に暮らすことはまれだった。地域で生活できる障害者は、社会的ルールを守れる人以外はいなかった。だから、年齢によって障害者を受け入れる感情が芽生えることに差が出るのは当然か。学生や生徒、児童たちが自然に障害のある人を受け入れる姿がうれしい。この先さらにそのような人が増えるだろうと思う反面、まだ"総論賛成、各論反対"で、自分と関わることは別...の域を抜けだせていない。一方、障害者とかかわる仕事をする人は総論の中で安心して暮らし、支援していることも気がかり。本当は利用者の可能性を信じて社会との接点を創る支援が求められている。だから社会的基準値をしっかり見据え、障害特性に配慮し"折り合い"をつける支援に努めなければいけない。今が良ければ良いという支援は、利用者をバカにしていることになりかねないと自覚したい。(20199②)

>>・・・続きを読む

だれにもやさしい街づくり~ビジュアル化

 長いことテレビが日常になっているが、子どもの頃「テレビは害!」という父に従い家にはなかった。法政二校が夏春連覇した時、それを長兄が破り家に来た。暑い盛りにテレビにかじりついた。友達のお兄さんが同級生だった当時のエース柴田さん(元巨人)のサインを見て心躍った。それまではラジオが娯楽の中心。夕方NHKで子ども向けラジオドラマがあった。少年冒険ドラマは欠かせない。情景、状況を想像しながら聞いた。映像が浮かび上がる。言葉だけでなく、風や馬の駆け抜ける音などの"擬音"が駆使され想像を掻き立てる。テレビになると大きく変わり表情や衣装など"見える化"が進み表現が多様化した。

 

 映像が映ると言葉を駆使する必要がなくなり現物を見れば判る状態になる。「TEACCH」は、判りにくい言葉や内容をビジュアル化することを推奨する。療育現場の多くが絵カードや写真を駆使して日程を表す。悪く言えばこれがないと療育ではないと言わんばかり。"絵カードが使えない場ではどうするの...""カードなしの社会生活が出来る..."などと考え込む。障害児には良い面があるのは承知しても、社会で使えない道具が療育...。かつて聴覚障害児の学校で手話を教えなかった。手話で話せる人は社会では少数派だから。当時の主流は"口話"。話す人の口の動きで言葉を理解する手法は、とてつもない努力の結果獲得する難しさから、なぜ手話を使ってはいけないかと批判があり、両方が使えるようになった。しかし、手話を使える人はわずか...という理由を捨てきれない。社会基準に合わせなければならない暮らしが障害者には多くある。すべてを社会が準備するのを待つと社会生活へのハードルが高くなる。だから、人々≒障害児・者は"社会基準"に併せ暮らす努力をする。もちろん出来ることと出来ないことがあり、社会基準に合わせられないものがあるが、その努力を含めて"インクルージョン藤沢"を目指すべきだろう。

 

 東京オリンピックの話題は絶えない。様々な案内表示も工夫される。日本語は世界から見れば少数派。各国言語が並んで表示され、デザイン化されたマークが駆使されるだろう。絵カードや写真があれば誰もが見やすい。パワポと言い、テレビと言い、スマホと言い、現代社会は多くビジュアル化されているが、障害者の暮らしに役立つまでに至っていない。テレビ慣れした現代人は、言語化だけで映像を想像することが苦手なようだから様々にビジュアル化してくれたら障害児・者にも判りやすい...。つまり、障害児・者が社会化することと、社会が誰にもわかりやすい表示をすることが歩み寄る必要がある。神奈川県が全国に先駆けて策定した「福祉の街づくり条例」の標語 "障害者にやさしい街づくりは、誰にもやさしい街づくり!" を思い出す。その結果各駅に設置したエレベーターは、確かに障害者だけでなく、高齢者にも、ベビーカーを使っているママさんにも、荷物が重い若者たちにも役立っている姿はすでに当たり前になった。街角の表示にもイノベーションが起こることを期待して...。(2019.9

>>・・・続きを読む

"文化"が変った?!

 "一燈を持ちよろう!"の合い言葉と共に神奈川県内一斉に募金活動をしたことがあった。「ともしび運動」である。またたく間に広がり募金活動は活況を呈した。当時の神奈川県知事長洲一二氏が提唱した運動で寄付を集め様々な社会福祉事業が展開された。障害者の働く場として創設された喫茶店にも"ともしび"と冠し、県民であればだれもが聞いた言葉だった。それより前に全国に広まった募金活動が「赤い羽根共同募金」。社会福祉法人全国共同募金会が組織され、最近こそ集金力に陰りが見えるが、学校や町内会、企業など身近な組織に密着して安定した活動を続けている。おかげで多くの社会福祉法人が何らかの恩恵に預かっている。

 

中学生の頃、この"赤い羽根"のために学校ぐるみで募金活動を行い、生徒会活動の一環として放課後や日曜日に制服で街頭に立った。当時から趣旨を理解していない人もいて"いくらですか?"と聞かれることもあった。説明したうえで"おいくらでも..."と話すが"いくらなんだよ"と怒り出す人も。話し好きが募金箱の前を占拠し募金しようとしている人をさえぎることもあった。高学年になると横浜駅、伊勢佐木町商店街まで行った。中学時代のこの体験は、募金活動の趣旨を理解する場面であり、社会の人々を理解し、自分自身が社会の中で暮していることを実感するとても良い場だ。だが、最近は民生委員児童委員や老人クラブの人々がほとんどで子どもの姿を見ない。それほど寸暇を惜しんで勉強している訳でもないだろうが、求められていることが違うようで子どもが消えた。もちろんネットでも活動しているが、街頭で見かけるのは交通遺児グループ。学生中心の主体的活動。若い声が街頭に響く時、応援したくなるが、寄付金が集まりにくいのは共通課題。

 

 一方で定着した様子の"ふるさと納税"には"返礼品"がある。次第に"返礼品"目当てが増えた。だから"返礼品"合戦が始まり、珍しいもの、付加価値があるものなど地元の商品ではないものが増えた。驚くのは7割まで返礼品の地方自治体だ。大阪府泉佐野市。笑えないのは本来の目的を逸脱しているから。そこで総務省が3割まで、地元産に限るとした。しかし泉佐野市は従わない。ふるさと納税は、育った土地で就職せず都会で働く人々が多くなり地方自治体の税収が上がらず困窮しているためにスタートした制度。住んでいる自治体への所得税納税だからこの問題が起きる。育った地域への配慮、好意がふるさと納税だ。しかし、今は見返りがないと動かない。買い物時のポイント制度も同様で店舗選びがポイントで決まる消費行動がある。プライバシーがすべて見透かされることなどお構いなし。社会福祉事業や社会問題への募金活動が低下したこととふるさと納税の過当競争から日本人の行動パターンが透けて見える。社会福祉事業も変わらなければ時代に取り残される。(2019‐⑤)

>>・・・続きを読む

ページトップへ
  • 藤沢育成会からのお知らせ
  • 福祉ナウ&ヒストリー
  • スタッフ日記
  • 施設長日記
  • 理事長日記
最新のおしらせ

過去のお知らせ

<   2019年10月
    2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31