理事長日記

  • home
  • 理事長日記
藤沢育成会 理事長日記 | 最新の日記
"それぞれのMy Life"と平等性の担保

 前回、それぞれのMy Lifeを目指すのがインクルージョン藤沢と書いた。1人ひとりが自分らしく暮らすことはとても大切で、自己決定支援とつながる。"自分らしい"とは、自分の考え方にふさわしく暮らしていることだから、自分で決めなければ出来ない。かつて、障害者の世界大会で当事者発言が際立った。それは"私たちに危険を冒す自由を下さい!"。多くの人が経験する"冒険"。それは"初めてのお使い"であり、失恋のリスクを承知した告白。こんなことは誰もが経験する社会生活上のリスク。考えてみれば、長いこと一緒に暮し、何が何でも守ってくれる親を捨てて結婚するなんて冒険はリスクのかたまり...。いや、これとて多くの人がする冒険。それゆえ人生は楽しくもあり、苦しくもある。そう考えると"私たちに危険を冒す自由を下さい!"という主張は実にノーマル。当り前の暮らしにこれが入るのは極めて当然。それが"それぞれのMy Life "。

 しかし、それぞれのMy Lifeはどこまで許されるか...悩ましい。なぜなら、社会にはみんなが暮らしているから、自己主張のみで自分のやりたいことだけだと社会が成り立たない。一番前の席に座りたいから並ぶ人を押しのけて乗車する。こんなことはいけないと判っているが、自閉的傾向のある人のこだわりだったらどう考えれば良いのか...。障害者だから許すのか...。通勤時間にバスを待っていると、後から来た視覚障害者が先頭に立った。その方は最後尾が判らずそうしたのか、それとも障害者だから優先されると考えているか判らなかった。暫くすると同僚が来て最後尾に誘導した。翌日は同僚がおらず最前列のままでいたら、先頭の方が"どうぞ"と声をかけた。あ~ぁ、受け入れられているのだと思った。自閉症も障害者と認識されているが、だからといってすべて許される訳ではなく、許される時と許されない時がある。だから答えは一つにはなり得ない。そんなこと障害者には判らないじゃないか...という人もいるが、そうだろうか。

 それぞれのマイライフを主張する私たちは、何を目的にしなければならないかをしっかり考え直すべきだ。施設内など与えられた場所で療育担当は社会生活に必要なルールをどこまで伝えているか考え込んでしまう。障害ゆえに出来ないことがあるのは判るが、障害を理由に出来ないままで良しとすると、あえて言えば障害がある人の学習のチャンスを奪っていないか...とか、最初から出来ないとすると彼らの能力を否定していないか...など、複雑な思いが重くのしかかる。同じ人間だと主張し同じ町で暮らしたいと思うのは当たり前だが本当に難しい。周囲の人が最善の努力をして、障害者はすべて許される社会を望んでいるのではない。地域で暮らす仲間になるとは、これらを考えた上のサービスが必要。大変難しいが、彼らに判るように社会ルールを伝えそれに基づいた支援をしないと、社会からは身勝手な主張をしているだけに見えるのではないかと危惧している。2018.6

>>・・・続きを読む

新聞が変わった・・・社会が変わる

 前回もそうだったが1ページすべて使った新聞記事がある。その特集に『「印鑑社会」は変わるか』とあった。中央に印鑑を持つ手、下に"タブレット端末でのサイン"と"ICカードを使った電子署名"の絵。文章は右半分が「月刊 現代印章」の編集長、左半分は弁護士で両論併記。こうした記事が今の新聞の特徴のようだ。以前は新聞が速報性のあるメディアだったがテレビに奪われた。ライブ、映像付きでお茶の間に届く道具に速さ、臨場感共にかなわない。だから、テレビでニュースを見る人が増えた。

 それでも、忙しい朝にテレビを見る時間がない人は、満員電車で窮屈そうに新聞を広げたが近ごろは見ない。もちろん、本を読んでいる人も見かけない。"若い人は、新聞も本も読まないのか..."と思っていたが、情報媒体が多様化したからだとようやく判った。よ~く見ると判るが、タブレットやスマホを見ている人の動きが目的、用途によって違う。ゲームに夢中な人の隣に座ると悲惨だ。何故なら、体をゆすりせかせかと操作するので振動が伝わり落ち着かない。他にほとんど作動せず凝視している人。この人はイヤホーンをつけ映像を見ている様子。指が上下動している人は好みの記事を探す...。これまで本を持つ以外小説など読めなかったが、電子図書もあるから単純に活字離れとも言えないようだ。

現代ではホットな報道の最右翼は電子媒体。振り返ると確かに種々電子媒体で読む。天気予報は確実に電子媒体が好み。何故なら欲しい情報の地域、時間、時期が選択でき大変便利。興味あるニュースに出会うと関連ニュースも併せて見るためには電子媒体が効果的。それでも紙ベースで見ると安心して情報確認が出来ると感じるのはいよいよ高齢者だな...。こうなると新聞の役割、価値が変化し、ニュースの深堀り、周辺情報も含めた報道で新たな新聞の価値を探っているようで、特集記事を好んで読み始めている。

そんな折『サボリのススメ』があった。八重洲地下街相談役、雇用ジャーナリスト、元プロ野球投手・解説者の三者の意見だ。元プロ野球投手はメッツでも活躍した小宮山悟氏。そこに「一生懸命やり続けることがベストでしょうが、坂を上っているつもりでペダルをこいでいても、いつの間にか下り坂になっているかもしれない。」「自分の立ち位置を見渡せる踊り場のような状態が必要です。」と。ただ頑張る時代は去り、自分自身を振り返る時間が必要だという考え方。我を顧みず頑張っていると自分を見失っていることすら気づかず精神的にも追い詰められる時がある。だからサボリの勧めという"働き方改革"の提案。印鑑社会が変わることも、新聞の価値が変わることも、働き方改革に"間"の大切さが入るのもかつては思いもよらなかった。少しずつ、緩やかに、しかし、しっかりと社会の変化が訪れていると、じんわり感じた。(2018.6

>>・・・続きを読む

"それぞれのMy Life"

 (福)藤沢育成会は誰もが当たり前に街で暮らすことを目標にし、法人のロゴマークに「インクルージョン藤沢」とある。法人ホームページには「それぞれのMy Life」とあり、街で暮らす人々が紹介されている。インクルージョンを日本語にすると"包摂化"と言うが、何を意味しているかさっぱり判らない。包摂を辞書で調べると"包み込む"とあるが、何をどう包み込むか良く判らない。例えば餃子の皮で包み込むのは、肉や野菜を刻んだ具。食べ物の話ではなく、皮が"社会"で、具が"人々"。皮もいろいろで、厚いと肉汁が出にくいが味わう時に皮が邪魔する。だが、薄すぎると破けやすく素人には御しがたい。最近は自宅で料理をしなくなったという話でもない。このように人々を包み込む"社会"にもいろいろあるということ。餃子なら製作者の好みで作り、食べる側は好みを選べばよいが、社会ともなると生まれた社会から脱して好みの社会に...とは出来難い。だから、多数決なんて考え方が生れる。だけど、人間社会は難しいもので、多くの人たちの意見を集約することも難しければ、万人が安心できる仕組みを作ることも極めて難しい。

 インクルージョンの前にノーマライゼーション、インテグレーションが話題になった時代があった。私が初めてノーマライゼーションを聞いた時は"ノーマリゼーション"だった。デンマーク人のバンク・ミケルセンが世界に発信した言葉だから、はじめて日本に伝わった時は当然デンマーク語。それがノーマリゼーション。その後、アメリカを経由して日本に再上陸したときはすっかり英語の発音になって"ノーマライゼーション"だった。日本語にすると"常態化"。包摂化と同じで何が何だか分からない。そこでノーマライゼーションはノーマライゼーションと言われた。ノーマライゼーションは"正な、状に、変させる"と理解すると判りやすい。当り前の暮らしを求めてやまない障害者の暮らし向きを当り前にするという考え方は、障害者だけでなくすべての人が当り前に暮らすことを求めていると考え「社会福祉の哲学」とされた。インテグレーションは"統合教育"と訳されたが、ノーマライゼーションの具体化だと言われていた。

 当り前に暮らす...。言葉にするのは簡単だがなかなか難しい。あちら立てればこちら立たず...が多すぎてどれが本物か判らなくなる。だから、本当は多様なのだということだと思う。多様な暮らしがあるのが当たり前で、それを受け入れる社会がノーマルなのだ。だから(福)藤沢育成会を表すもう一つの言葉"それぞれのMy Life"がある。ひとり一人みんな違っていいということ。だからそれぞれ違う暮しを包摂(包み込む)した社会。わかったようでわかりにくいが、これがインクルージョンだと思う。(2018.5

>>・・・続きを読む

 「言葉は成長の種...」

最近は官僚の公文書改竄、隠蔽、セクハラ等で騒がしい。公僕が国民の側に立つ姿はなく、ひたすら保身、あらぬ方に向かっている。公務員の頃、考えたことが様々な"ちから"で歪んでしまう経験もしたが、こんなに本質を見失った行為は見たことがない。言葉を弄し言葉が躍り言葉が本質を見失わせる。人が何かを語る時、言葉がその人を伝える。人は言葉で自らのありようを表す。その時の"言葉"は、単に言語ではなく日常的な行為や価値観等を表現する。だから発する言葉を前後の行動や態度から何となく感じるものだ。

 すでに熱は冷めたが、平昌オリンピック金銀メダリストの小平奈緒選手の特集記事が3月末に出た。見出しに「言葉は成長の種 世間に流されず 心の芯に忠実に」と。銀メダルの韓国選手を抱き、なぐさめ、たたえあったシーンが浮かぶ。小平選手は世間を気にせず、自ら望んだコーチの大学を選び、卒業後も同コーチのもとで自分磨きをした。多くの選手がエリートコースを選び企業に所属する中、地元の病院に頼み込んで所属。まさに"自分流"の人。スタートのポーズも少し違う印象だったが選手生活も違うようだ。"自分に勝つ"ための強い意志がみなぎっている。インタビューにそれが表れている。例えば「友情というきれいごとだけではなく、2人で積み上げてきた絆があります。」「金メダルは名誉だけど、どういう人生を生きていくかが大事。」。さらに言葉の存在を問われ『明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ(ガンジー)』を示した後「こうした言葉に出会うと自分の中に種をまかれたようで。自力で解釈し、行動に移して、その種にも成長させることにも楽しみを感じています。」と。また、指導者となった時「置物みたいな言葉じゃなくて動きのある言葉で、心の中でまた違った動きをして、子どもたちの考え方が広がるきっかけになればいいな」と。

 まだ若い人がストイックに追い求め、その重圧に耐え自らに課した結果、花を咲かせるはずだったがなかなか成就できない現実があった頃の交流が韓国選手との"絆"。それでも自らを見失いがちな葛藤を振り払い"強い欲消えていた 不安や重圧なく まさに無の境地"がメダルにたどり着かせた。自分流を貫くのは時に不安で、時にエゴイスティックになりかねない。自分を見失わない強さが必要。穏やかで、物静かで、恥ずかしがり屋の彼女からは想像出来ない凄さが伝わってくる。「自分で選んだ道を歩んできたからこそ、ゆっくりだけど着実に自分の成長を自分自身で確かめてこられました。」と。職業も人生のパートナーも、居住の場も自分で選べたことがとても幸せに感じた。女子マラソン銀・銅メダリスト有森裕子の"自分で自分をほめてあげたい!"は有名だが、内包する覚悟を見失っていないか。選択した己に課せられるミッションを見失っていないか。自由を享受する時の責任を自覚しているか。そう考えると冒頭の官僚の狂乱が情けない。今やるべきことの輝きは、自分の覚悟やミッションへの姿勢、責任も包含する。言葉はこれまで培ったものが反映する"心"の発信と自覚したい。(2018.5

>>・・・続きを読む

"インクルージョンのあゆみ"

新年度の準備であわただしく年度末が過ぎた。今年は法人30周年を迎えるため一層気ぜわしかった。設立記念日は1122日。語呂合わせだが"いい 夫婦の日"。いかにも家族が設立した法人の誕生日だと思う。社会福祉法人誕生からさらに10年前、「星の村地域作業所」が出来た。当時神奈川県内に多くの作業所が創られたが、中でも星の村作業所は初期だった。さらに10年前、作業所を創る活動が始まっていた。これは家族が終結したエネルギーだった。一粒の種が寄り添い芽を出し、初めて実ったのが「星の村地域作業所」。法外事業だから設立も運営もほとんど公的支援がなく大変な苦労だったと思う。当時、地域作業所支援業務も担当していたが、多くの職員が無報酬の親だった。狭い場所なので利用者にいらぬ刺激が...とか、親子関係を捨てきれない支援におろおろしながら見守った。

 そこまでして地域作業所が県内にできた背景に昭和54年"養護学校義務化"がある。"普通"に暮らし"普通"に通学した親子は入所施設を選ばなかった。学校教育を地域で...は、インテグレーション(統合教育)と言われた。教育者の中には"障害児に何かをしてあげることで優しい気持ちが育つ"などと発言する人がいた。今でもこの言葉を思い出すと腹が立つ。何故なら、障害児の教育機会を求めたインテグレーションが、健常児(好きな言葉ではないがふさわしい言葉がない)の教材にされたと感じるから。障害児でも健常児でもなく、誰もが地域の学校生活を謳歌出来なければインテグレーションではない。

一番新しい法人内施設"湘南だいち"に児童発達支援センター"ぷれっじ"がある。その場を毎日利用する子どもが少ない。幼稚園や保育園等との並行利用で、曜日によって場を変えている。インテグレーションの頃は、障害児は環境に慣れにくいから場を変えるのは良くないと考えられていた。加えて、児童福祉法上の施設である保育園と障害児通園施設の併用はダブル措置(二重のサービス受給)となり違法だった。環境に慣れないのではなく、固定観念に縛られた融通の利かなさが透けて見える。今は"措置から契約へ"と大きく舵が切られ合法。インテグレーションを叫ばなければならない時代は去り、誰もが自分にふさわしい教育機会を選択できる環境が整ったそうだが、障害児は特別なメニューが必要だからと遠くまで通わなければならない実態は変わらない。

藤沢養護学校高等部に鎌倉分教室がある。県立鎌倉高校の敷地内にある分教室では、特別メニューを行いながら行事等は合同で、地域の人々と交流しながら教育が進められている。県教育委員会が"インクルーシブ教育"を掲げる象徴のようだ。地域社会に包み込まれる姿をインクルージョン(包摂化)という。当法人は"インクルージョン藤沢"を掲げている。活動を始めて半世紀、さらなる"インクルージョン藤沢"を目指して活動する再スタートの年を迎え、心引き締まる年度初めである。(2018.4

>>・・・続きを読む

ページトップへ
  • 藤沢育成会からのお知らせ
  • 福祉ナウ&ヒストリー
  • スタッフ日記
  • 施設長日記
  • 理事長日記
最新のおしらせ

過去のお知らせ

<   2018年6月
          2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30