理事長日記

  • home
  • 理事長日記
藤沢育成会 理事長日記 | 最新の日記
街で暮らす、地域で生きる

少し遅れて湘南あおぞらに出勤する時、弥勒寺の坂を自転車で駅に向かう人が「おはようございます。行ってきまぁ~す!」と挨拶。信号待ちで"どこまで行くの?"と聞くと「湘南台!」。"湘南台!?結構、遠いな..."と思っているとさっそうと走り抜けた。雨の日にはカッパを着込んで歩く。それでも休むことなく作業に向かう姿は間違いなく"お仕事!"の自負がみなぎる。

 仕事帰りに市役所で用事を済ませ帰る道すがら「いしかわおさむさん!」と無機質な印象の声。振り向くと見覚えのある顔。また「いしかわおさむさん」。"どこかで会ったね"「ハンモック!」「そうだ!」と応えると「お仕事終わりました。お家帰ります!」。笑顔で去った。"若いな~、足が速いな~"と見送る。正直に言うとその人をよく知らないが確かに会っている。自分に関わる人だと気軽に声をかけてくれるのはうれしい。自閉的傾向のある人は対人関係が苦手だとどの本にも書いてあるが、それは一般論ですべての人と言うわけではない。また、相手によって十分使い分けている。さらには、努力によって人との関係を理解するようになり、得意ではないが嫌でもない...状態になった場合もある。"傾向がある..."ということを"決まっている!"と理解したがる傾向があるようだ。

 ピアノが好きなダウン症の青年が叩きつけるように音を出す。その時、満面の笑み。楽しそうで身体がリズムを打つ。だが、そこは喫茶広場。お客さんには静寂を求める人もいる。音楽なら選ぶことも出来るが、メロディーもハーモニーもリズムも...。本人はご満悦でも周囲は雑音。だから、お客さんのいる時は止めさせたいが状況の理解は難しい。だから、全部ダメ...となる。何故なら、"ダウン症の人は固執が強い!"から場面でやめさせるのは無理と...。だが、それでは街で暮らす、地域で生きるなど遠い、遠い夢。だから、指示に従ってピアノを弾いて良い時と悪い時がある...と判って欲しい。彼は人によって違うと理解したようだが、少しずつ指示で止められるように...。そうなれば大好きなピアノを取り上げなくても良い。居場所を確保し時に大好きなピアノを弾く。だけどピアノに鍵がかかっている時は弾けない。鍵が開いてれば弾いても良いとなれば指示を受けずに自分で分る。道具を使っても自分で出来ればいい。おつりの計算は無理でも電卓が使えればいい。"鍵を使う"のも道具を介しての支援。自閉的傾向のある人が社会で暮らす学習プロセスも"支援"。自転車通勤も、道具を使う学習も、これまでの蓄積が"街で暮らす、地域で生きる"ようになった表れ。街で暮らす、地域で生きるは、受け入れを待つだけでなく、様々なことが積み重なった結果。インクルージョン...とか、療育...などと言っている間に、いつのまにか地域で暮らす障害者がジワリジワリと増えている。(2018.12

>>・・・続きを読む

 「法人設立30周年、活動を始めて半世紀!」

1122日(木)社会福祉法人藤沢育成会は30歳の誕生日だった。長きにわたって様々な方にお世話になった。歴史を語ると必ずリーダーの名前があるが、藤沢育成会では家族運動の中核的存在・西條節子さん、ご寄付いただいた黒崎義介さん以外は上らない。これが藤沢育成会の特徴。カリスマによる法人設立ではなく、1人ひとりが出来ることを一生懸命積み上げた証明だ。子どもの世話だけでも多忙な母親たちの活躍は目覚ましかった。社会福祉法人は倒産しないような制度設計だから原資を作り出すのは大変。母親たちの活躍が障害福祉を変える時、身近な父親、家族に伝播した。だから、法人の誕生日が1122日=いいふうふの日=良い夫婦の日となった事が偶然に思えない。法人認可を告げたのは3代目理事長故・西田信嗣氏(当時神奈川県障害福祉課長)というのも何かのご縁だろう。

 家族が"地域で暮したい!"を願いにスタートした法人で入所施設中心の事業展開はない。しかし、入所か在宅かの二者選択しかなかった当時、制度に添えば願いが叶う事業にならないことが次の苦渋。法人設立前の"作業所"は、神奈川県内各地域で発信した母親たちの当事者運動。その一つが「星の村共同作業所」。次に地域で暮す住居="生活ホーム"を作り、我が子が利用しない時に世話人=ボランティアとなった。これが"親亡き後"の始まり。更に自分の意志で出かけたい、暮らしたい...の願いから自由契約でヘルパー事業(現・ぱる)が始まった。戦後日本の制度策定時にこれまでの民間社会事業の先駆的活動が評価され、すべて公共事業としなかったと学んだ。硬直した制度運用だけではなく社会のニーズに敏感で将来を予見した法人の歩みを見るとこれぞ民間社会福祉法人だと思う。利用者や親の願いを敏感に感じられる環境がある育成会ならではの歴史である。

 半世紀を超えた家族の活動によりここまで育てていただきました。節目の年に今後いかに進めていくかが問われている。だから、これからの障害福祉を担う若者たちに多いに語ってもらいたい。初めて障害児入所施設で勤務した時、散歩途中に"うつるからあっち行け!"と小学生から"小石"を投げられた。投げた子どもを非難するのではなく、そのような社会で育っていく子どもたちの不幸を考えたい。"障害のある人"ではなく"支援を必要とする人"と考えるサービスを模索したい。これが家族の願いから始まった法人が目指す障害福祉サービス。育成会は当初からず~っと"インクルージョン藤沢"。それはまだ成就できていない。インクルージョン藤沢への道を歩み続ける決意の時となった法人設立30周年記念事業だった。3事業にご参加、ご出席いただいた皆様に深く感謝申し上げます。これからの(福)藤沢育成会を見守っていただけますようお願い申し上げます。(2018.12

  825日 「インクル・サマーフェスティバル」 会場 県立藤沢養護学校

利用者、家族、地域の方たちとのお祝いのイベント<参加者:800名>

  106日 「上野千鶴子氏講演会+トークショウ」 会場 県総合教育センター

     ご家族、関係者、一般市民の啓発事業としてチャリティ事業<参加者:400名>

  1120日 「法人設立30周年記念式典」 会場 藤沢市民会館

  行政、関係団体、ご家族等の皆様に感謝の集い<出席者:200名>

>>・・・続きを読む

社会福祉法人藤沢育成会のインクルージョンは今...

 2018.11.22、社会福祉法人藤沢育成会は法人設立30周年を迎える。それより20年も前に活動は始まった。50年前<1968(昭和43)年>は、障害児教育はごく一部しか出来ていなかった。だから障害児の親たちは教育を受けさせたくて奔走した。10年後(昭和54年)「養護学校の義務化」となり、すべての子どもの教育を受ける権利が保障された。その頃、運動の成果として藤沢育成会の基盤となる「星の村共同作業所」が開設された。当時、法外事業として親たちが立ち上げた"地域作業所"が多く始動し、苦労して運営していた。療育よりも日中の居場所作り、作業内容より集う場だった。重い障害でも社会とのふれあいを求めた。作業が難しい人は、親たちの手づくり品を販売する場を居場所とし買い物客と交流した。当時の制度は施設内の安全・安心中心だった。

 2018.11.20、社会福祉法人藤沢育成会は、法人設立30周年記念式典を行う。これまでお世話になった人たちへの感謝の会である。感謝のしるしに生活介護事業の作業種の一環として作られたクッキーを手土産にする。職員、利用者の協働で焼き上げ、家族のご協力をいただいて包装した。この法人内で一番新しい施設を建設するための外部委員も交えた検討会議では"たまり場"論議が繰り返された。つまり、利用者、家族、地域の人たちが集い、言葉を交わし、何となく居続ける場="居場所"である。それが"だいちの森"=パン工房。5年目を迎え誰かいる場になった。グランドピアノも雰囲気作りを手伝い家族、ご近所さん、通りすがりの人が立ち寄りパンを購入し、軽食、喫茶を楽しむ。そこにパンを焼き、販売する利用者が往来する。だれもが当たり前に必要な時に必要なだけいられる場だ。利用者が地域で暮らすためにはとても良い考え方だった。複合施設のこの場は空間をしっかり区分したのでお互いに居心地が良い。プライベートゾーンとパブリックゾーンを仕切るだけではなく、グレーゾーンを使ったゆるゆるとした仕切りが大事。

 だが、インクルージョンに逆行する動きもある。例えば送迎。この場は幼児、生活介護事業利用者、そして単独型短期宿泊利用の利用者。土日の短期宿泊以外はすべて送迎がある。だが、幼児の支援は施設内プログラムだけではなく、親子通園はとても大切な療育。成人にはトラブルも含め通う途中の経験は、楽しくもあり、苦しくもある大切な時間。しかし、"完全送迎付き"でないと...の要望は根強い。一つは両親ともに就労していると送迎が難しい、二つ目は安全・安心に利用させたい、三つ目は制度的に...などがあるが、インクルージョンの視点から見れば残念な現実。あちらを立てればこちらが立たず...。インクルージョン藤沢を推進するためには新たな手法が必要。それが制度を切り開いた法人のミッション。インクルージョン藤沢の今は決して十分ではない。心新たにインクルージョンの道を"一歩、前!"に進ませたい。(2018.11

 

>>・・・続きを読む

"プロ"とは何か

もう乗ることはないが長く満員電車に乗っていた。当時から愛用のアイポットが今も外出時の必需品。その頃は見ず知らずの人に囲まれる満員電車の不自然さにバリアを張るため目も閉じた。今は若者の高音で素早い会話が喧騒...、周囲の噂話に反応して心が騒ぐ...などの気分になりたくないからでもある。その頃から聞き続けているのは音楽、いや音が好き、自分の世界に浸りたい...などで、聞き続けているもののひとつが高橋真梨子。なんとなく好きなのだ。横須賀芸術劇場に出向いた時も変わらなかった。飾らず、奢らず、淡々と歌い上げる声は年と共に衰えたが、メロディーラインがくっきりして聞きやすい。

俳優は集団で表現するが、歌手は一人芝居。例えば石川さゆりは自分の世界に引き込むように歌い上げプロを感じさせる。最近は自分の内面を吐露する歌詞・曲を自作自演するがそれも一人芝居。だが、高橋真梨子は朗々と歌い上げてもこれ見よがしにならずプロを感じる。"どんな解釈で歌っていますか?"と聞かれ"解釈していない。解釈してもらうために色を付けた歌い方をしない"と。"あ~ぁ、なるほど!"と思った。歌手はメッセンジャーなんだ。作曲者の意図を聴衆に伝える。聞く人の暮らす環境で様々な解釈が出来るように歌う。それが歌手の仕事。自分の解釈を届けるのはおこがましい...。だからこの人の歌は聞きやすく飽きないのだと思った。

 『対人援助の福祉エートス(ミネルヴァ書房、木原活信著)』に「歴史的に見ても、現在の観点からみてもソーシャルワーカーをその役割に着目して大別すれば、治療、媒介、代弁の三つと言える。(P95)」とある。生活支援は、社会との軋轢をどう縮減するか=その人なりの社会適応を進める。それが治療TEACCHの"T"は"トリートメント"=治療。出来るだけ人間関係を単純化しても他者との関係で悩む=家族も含め多様な人、場所、過程、問題の整理を手伝う。それが媒介。表現が不十分で行動が不安定などから多くの課題を持たざるを得ないから代わりに表現する。それが代弁。これを読んだ時、初めて社会福祉の仕事の意味を整理できた。治療、媒介、代弁いずれもサービス提供者が主体ではない。治療は本人の主体性=治したい意思が治す力を生む。媒介は人と人の橋渡しだから、それぞれの考えが判らなければ出来ない。さらに代弁は自分を表現することではない。利用者を代弁するのだから、その人の考え方だけでなく感情や行動も代弁の要素。だから支援者自身の考え方ではない。だが、難しいのは社会的基準。社会福祉領域では、出来ること出来ないことが社会的基準で決まる。だからサービス提供者は、相手の意思を斟酌する時、社会的基準を持たなくてはならない。高橋真梨子が楽譜に忠実に歌うことと同じだろう。楽譜≒社会的基準に忠実に歌う。この歌の主体性は聞いた時からあなたのものです...と。私たちはそこまで主体性を持てる環境を利用者に提供できているか...。歌手・高橋真梨子のプロ根性を見た。(2018.11

>>・・・続きを読む

自己決定支援に必要な"勘案"

 インクルージョンにふさわしい支援は"相手に寄り添う"と考える。"寄り添う"と言うとその人の思い通りにしてあげることと誤解する。知的障害者は自己表現が苦手だと誰もが知っている。私たちが自己表現しがたい時のもどかしさとは全然違う。なぜなら、少なくても私たちは表現する手段を知っているから。不十分なら十分になる方法も知っている。だから出来ないのではなく"しない"ということ。努力をしても出来にくい人と出来る人との違いは、想像するよりはるかに違う。

 視覚障害者が、見えないことによる不利益や表現しきれないことと、私たちが見えることをどう表現したら判ってもらえるかと腐心することが違うのは分るが、知的障害者の自己表現が苦手ということを同じだと考えるのは違うと思う。だから、それを棚上げする行為が受け入れられない。支援を仕事とする人の中に自分の弱みをさらけ出し"おんなじだね..."と安堵する人がいるように思う。それは決定的に違うことなのに、同じにしちゃうことで安堵感を得ようとする人に義憤を感じる。何故なら障害者を盾にして自分の弱みを守ろうとしているからだ。

 プロの"支援"は何が違うか...と考えてきた。この仕事を選んで良かったと思いたいから"支援のプロ"としてのプライドを持ちたい。判ったふりをして教科書的発言をするような"プロになったふり"はしたくない。だから、お隣さんの善良な人とは違った"支援"を求め続けたい。そんな時、考え付くのは行為としての支援は変わらないが、行為に至るプロセスに注目すれば良い...と考えてみる。支援を必要とする人は、相手によって手伝って欲しいことが変わるはずがないから、支援と言う行為は変わらない。変わるのは人と人=支援者と利用者の相関関係が反応しているからであって、それ以上でもそれ以下でもない。だから行為に至るまでのプロセスで、求める支援を"斟酌"することが大事。"斟酌"は推し量ることと考えれば自己表現が苦手な人の本当の考えを斟酌することになる。だからどうしてもその人を理解しなければ出来ないから、ケースヒストリーを知る。パーソナリティーを知る。だからソーシャルワーク技法を駆使する。

ソーシャルワークでは評価はしない。だがアセスメント(評価)が求められる。それが"勘案"する必要性。その人の様子を"勘案"出来る支援は"斟酌"していることになる。それが支援を受ける人が受け止めやすい支援。だから、支援はとても変化しやすくデリケート。判っているようだが判らないまま障害特性に添った支援をするとうまくいくことがあるが、次にやろうとするとうまくいかず混乱する。それはたまたま出来ただけで本当に相手を勘案出来ていないだけ。だから、プロならその人をしっかりと理解してから支援すべきだ。これが偶然、出会った場ですぐにプロの力を発揮出来ない原因だが、そのことが一層プロと思われにくい。やっかいなことだ。だから、インクルーシブな街にするためには長く時間をかけなければ出来ないのだと思う。(2018.10

>>・・・続きを読む

ページトップへ
  • 藤沢育成会からのお知らせ
  • 福祉ナウ&ヒストリー
  • スタッフ日記
  • 施設長日記
  • 理事長日記
最新のおしらせ

過去のお知らせ

<   2018年12月
           
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31