日記

理事長日記

マイノリティとして考えたら

大学教員時代、毎年ゼミ生を送り出した。ゼミ希望(2年秋ごろ)学生に、必ず文章を書きあげて卒業しようと話した。卒論を書かなかった学生もいるが多くのチャレンジを見た。学生には相当な負担だが、社会人になるため、答えを教わる立場から、作り出す立場になる自覚を促す大切な時間だった。だから求められるだけ個別面談に応じた。毎日のように来る学生の思索が深まる姿は教員冥利に尽きる。ある日"これだと思います!"とボーボワールの本を持参した学生の生き生きした"目"は、しっかり未来を見ていた。

まだ世界が狭い学生の視野が広がればいいと思っていたが、自分まで視界の広がりを感じる時があった。例えば"アンパンマンとバイキンマンの人間関係"。安定した家族像のアンパンマンと上下関係が厳しいバイキンマンの人間関係の比較。漫画から子どもに何を伝えるか...があった。また"マイノリティ再考"の刺激を受けたのが『左利きはなぜ問題か...』。左利きを矯正された学生は、すべてが右利き仕様の社会だとした上で、矯正は子どもの心に傷を残すと指摘。幼児教育専攻学生として書きたい気持ちがあふれていた。

 左利きがなぜ悪いかなどと考える人は少ない。慣習で多数派の右利き仕様の社会を作り上げている。それは障害福祉の"医療モデルから社会モデルへ"に通じる。例えば、電車に乗る時の改札は、すべて右利き使用だから左利きは身体をよじって利用する。はさみはほとんどが右利き。左利き用もあるが高価。命に係わることではないからまあいいじゃないか...ではなく当事者には大問題だ。つまり、社会が創った不便を左利きの人だけ強いられている。その不便は理不尽だ...と問う

ようやく文字が書けるようになった頃は利き腕で書く。箸で食べるようになった幼児は、それが自慢なのに矯正される。自慢が苦痛に変わり深く記憶に残る。だが、それは社会が右利き仕様だから先を案じた親心。これはマイノリティゆえの問題。少数派を追いやって便利な社会を作り出している。

 長く横浜に住んだから「マイノリティ」の問題で、高校時代チマチョゴリの女子高生を切りつけた事件を思い出す。そこに少数派を排斥する感情が重くのしかかる。まさに少数派=マイノリティが社会から排斥される現実。それは最近増えた外国人への違和感も同じだろう。

「マイノリティ」に障害者問題も含まれる。最近、通勤時間より少し遅れて出勤すると多くの障害者が公共交通を使って日中活動の場に通う姿を見る。多くの人が彼らを気にかけることもなくやり過ごす様子は、社会の変化を感じる。これからの課題もまだ多くあるが、かつてよりはるかに良好な距離感を感じる。

問題はマイノリティに違和感を覚える人間の習性。障害者問題から見ると、社会が受け入れ、慣れる時間が必要のようだ。増加する外国人への違和感が変化するには、まだ時間が必要だろう。それが受け入れられる頃には、障害者と言うマイノリティへの違和感もさらに好転すると願いつつ...。(2020‐10②)

運転免許証の返納

60歳で定年の職業に就いていた。"終わりですよ"と言われる前に、自分で選んだ職業に就きたいと思っていた。退職式(58歳)で "これが定年..."か、と思った。次は65歳。満期退職で理事長から退職辞令を受け"これで正規職員は終了..."と定年の悲哀...空洞感を覚えた。しかし、おかげさまで今も仕事をいただき、毎日のように出かける身にはさほどの感慨はない。だが、第1号被保険者(65歳)となり「介護保険者証」が届くと"老い"を身近に感じた。

 過日、市役所からの郵便を見ると高齢者用割引券。高齢者にスポーツ施設を利用して介護予防のお誘いか...とうがって見る。"そうか、そこまで来たか..."の思いと"そういえば足が弱ったな..."の思いが混在。すると誕生月前に「運転免許証更新」の通知。そうか、そんな時期か...と手に取り改めて70歳を自覚。"どうしよう...、運転はしないけど..."などと考える。70歳=古希、古希とは"来、なること"。古来希は長寿を祝う年か...。還暦=60歳に赤いベストを買おうか...と聞かれ、「嫌だ!持ち運べる天眼鏡が良い」と言ったことを思い出す。昔々は60歳で長寿を祝ったのだから、70歳=古希は当然か。それだけ、身も心も古くなったんだ...。

 新型コロナウイルスの猛威の中、大学からメールでリモート講義を依頼された。どうしよう...と困惑していると次のお知らせ。"難しい方は時期をずらし対面講義で!"。助かったと思い早速お願いした。だが、既にチャレンジする力が弱ったと自覚した。結局、収束とはほど遠い状態でリモート講義になってしまった...。

 実は運転はしなかった。20代初めに取った免許はずっとペーパ―。最初のチャンスでピアノと天秤にかけ取り逃しマイカーを持たなかった。すでに弾き手がいないピアノが今もある。児童相談所の頃、上司、先輩から運転を勧められたが、街を歩けば思わぬ人と出会えると断った。その後はもっぱら人の世話になった。連れ合いから"運転しなければ加害者にはならない。お酒が好きなんだから!"と言われたことが頭の隅にこびりついていた

 "やっぱりやめる!"と決め地元警察署に。窓口で返納手続きと「運転経歴証明書」の発行を願い出た。好意的で一つひとつ丁寧に説明され、記載項目は鉛筆で示してあり何不自由なく進んだ。警察官は直接現金を取り扱わないようで手数料等のため安全協会に。持参した写真が企画に合わず撮り直し、〆て2600円。終了後、我が家に向かう時、妙に落ち込んだ。何やら"終わり!"と告げられたような気分だった。

 死生学の創始者、上智大学の故デーケン名誉教授は、人間には4つの死があるという。誰もがイメージできる"肉体的な死"だけでなく"文化的な死""心理的な死""社会的な死"。"あぁ~これが社会的な死だ"と思った。まだまだと思ってもひとつずつ役割が終わる。それを受け入れることは死に近づくこと。肉体は100年生きられるそうだが、多くの人はその前に死ぬ。ひとつずつ通り過ぎ、より良い肉体的な死を迎える時までに社会的な死を得たとしても、心理的、文化的な死を迎えないように暮らしたいものだ。(2020.10)

コロナ禍とヒャッキン

 夕方、ニュースを見るとやっぱり...と思わせる陽性者数だ。9月4日には横浜の障害者施設でクラスターが発生した。誰もが予測しながら、慣れか油断か判らないが"新たな生活様式"など、どこ吹く風で以前の暮らに戻りつつある。さらに"Go to キャンペーン"では"不安"と言いつつ、理由を作って"ウイズコロナ"を忘れたような様子も見える。

 それでも社会活動が始まると呼応するように業務量が増え、緊急事態宣言開けの電車では通勤時間以外、隣に座る人はいなかったが最近は増えた。ダメだとは言えないので混雑時は座らずに立っているが、場所によってはおしゃべりが過ぎる高校生たちの飛沫が浮遊する場になる。だが、混雑時の移動は困難ゆえ横や下を向き我慢。人の込み具合や場所によってマスクを外す必要があるのは熱中症予防を含め承知しているが...。

 休日にヒャッキンに行った。2~3の文房具が欲しかったのだが外から眺め退散した。レジに長蛇の列で手間暇だけでなく"三密"を避けた。早めに帰れた平日に再び行くと休日とほぼ同じ行列。仕方ないと思い並ぶと立ち位置が示してあっても守らない人が多く、床の表示が混乱のもととなるありさま。マスクをしない人が増えた。店舗入り口には消毒液が用意されてあるが使う人は少ない。これはどこも同じ印象があるのは否めない。

 コロナ禍でもう一つの変化は商品の流れ。メイドインチャイナを中心に輸入製品の品薄が続く。大量にあった半透明の付箋がしばらく品薄、今は園芸用品。棚に全くない商品もある。それでもヒャッキンの行列は止まるところを知らない。

 ヒャッキンではコロナ禍より少し前から食料品売り場が増えた。少人数家族が増えソースや醤油など量が多いと持て余す。使い切れずに賞味期限が来るので少量販売のヒャッキンが合理的。その頃から子ども時代に見た商品が少量パックで並び始めた。これも調味料と同様の理由だろうと思っていたが、連れ合いは小売店舗が激減する中で販路を確保するためだという。それもあるな...。その頃からメイドインチャイナ等ではなく、メイドインジャパンの食品が目立ってきた。

 コロナ禍で極端に収入が減った人々がいる。日常生活に事欠くような人も...。かつて当事者の発言を聞く機会に、一般就労中の知的障害者が"僕は頑張って働いているのに、ヒャッキンでしか買ったことが無い!""お金がない!"と訴えていた。進化したヒャッキンは安いだけではなく、ヒャッキンのほうが便利なものもあるが...。

 暮らし向きはそれぞれに違うので一概には言えないが、ヒャッキンが世間に定着し、家族構成員が減少、購買力の低下、外国製品の大量輸入などが複雑に絡んだ現状がコロナ禍でむき出しになったようだ。うつろいゆく社会をコロナ禍が鮮明にした。障害サービスは暮らし向きの支援だから、このような動向も影響をもたらす。少なくともワクチンが普及するまで、慣れすぎた対応のないように心したい。(2020‐9②)

わが身に隠された"内なる差別!"

TVで"大手コーヒーショップが聴覚障害者中心の運営で開店!"と報道された。聴覚障害のある社員提案が実現した。〇〇〇!だ。全店禁煙を先駆けて行った会社だ。

 "音"で判断するエスプレッソが作れずに苦労する聴覚障害者に "振動や泡を見て!"と。すると難なく出来上がり"うれしい!"と満面の笑顔。責任者(健聴者)は"私たちが守りすぎて彼らの力を発揮する場を奪っていた!"と。

 開店と同時に大勢の客が入る店舗は順調に営業。手話で会話する人同士なのでコミュニケーションがスムーズで、出来にくいことも共有できアドバイスもピンポイントの的確さ。だから、聴覚障害者たちが不安なく力を発揮できる。

 口の動きが判るように店員はシールドで顔を覆っていた。カードや絵文字などがあり全く不自由はないそうだ。それ、飛沫が飛びにくくて良いな!と思って見た。

 かつてテレビドラマで聴覚障害者と健聴者のカップルのドラマが流行った。『星の金貨』『愛していると言ってくれ』等。最近では漫画から映画になった京アニの『聲の形』がある。ドラマのシーンで、けんかした2人がお互いのホームから手話で話した。"怒って、ごめん""いや、僕の方こそ"とたわいない会話だが、線路を挟んだホームのこちらと向こうなのに2人だけの世界。遠く離れても内緒話が出来る...!手話がなんとも便利に思えた。

 聴覚障害者には聴覚障害者の文化がある。もちろん視覚障害者も同様だ。それぞれの特徴、個性がある。だから知的障害者は、どのような文化や特性があるのか...と気がかり。

 最近、特にステレオタイプの"障害者は守らなければならない""してあげなければいけない"が横行しすぎている。"守る存在"と"守られる存在"に分けた中で、社会で暮していると言えるか...。それは「インクルージョン藤沢」か...。

 若い頃、自らの支援に疑問を感じた。だが、長くなるとそれが当たり前になった。社会とは関係なく、支援=してあげること...になり、支援をする側の論理、文化に従わせる。それが「"お"しつけ」だと考えた

 支援と言いながら、どうしたら出来るかではなく、出来ないことを前提にしていないか...。箸でなくても、スプーンで、嫌、手づかみでも自分で食べる...と考えるのが支援ではないか。障害ゆえに出来ないことを前提にするのは差別ではないか。人は、制止され続けると抑圧的になり精神的に萎える。社会生活可能の判断基準は従順が必要だとしてないか。

 「インクルージョン藤沢」は出来る限り社会適応すること。"障害者だから許せ!"は、障害者の権利ではない。人は権利を主張すると同時に出来る範囲の社会的義務を負う

だから"共に生きる!"。だが、それは職員の負担が増える。障害ゆえに社会的基準値に合わせにくいことがあるため最初から"出来ない!"とする。出来ない理由を探す。障害者を下位に置き、自らを優位にする。それはわが身に隠された"内なる差別"。支援職員は"内なる差別"を承知した支援が必要!(2020.9)

マスク

緊急事態宣言の中、人込みを避け運動量確保の散歩に出かけると誰もがマスクをしていた。三密を避けるなどの感染予防は、飛沫感染が分っていたからマスクが効果的だと知っていた。その時よりはるかに感染者数が増えた今、街を歩くとマスクをしていない人がいる。なぜかわからないが電車の中も同じ。

 先日、必要に迫られてバスに乗り、優先席に座ると飛び乗った女性が前に立った。空席はあったがソーシャルディスタンスを意識してか、その場所に留まった。見上げるとマスクをしてない。息が切れ、咳をし始めた。さすがに気になったがどうにもならない。(相手への迷惑は考えていないかな...。)

 アベノマスクを見ることはまれだがマスクは実に多様になった。黒マスクの人を見ると香港の民主化運動に賛同しているのかな...と思う。休日に黒マスクをしてみたが、顔を覆う様子が歴然とするので気恥ずかしくやめた。しかし、最近のマスクは色だけでなく模様や形が様々で、手作り感があるものなどファッションアイテムになったようだ。

 暑さも伴いマスクをしない人が増えたが、国立感染症センター忽那医師がハムスターの実験で①感染したハムスターもしていないハムスターもマスクをしないと667%の感染率、②感染していないハムスターだけマスクをすると333%、③感染したハムスターだけだと167%まで下がった由。だからマスクは感染予防の必須アイテムだ。

 それぞれに事情があるだろうが、ほとんどマスク姿の利用者を見ない。なぜ...と不思議に思った。なかには重症化する可能性がある疾病の人もいる...。入所施設は家庭機能に近いのでマスクをしない。だが、買い物のときなどは...。生活介護や就労支援の場では...。利用者には必要ないとは言えない...と思うと一層理解しにくい。もちろん、熱中症対策や必要のない場ではつけないが、職員がマスク姿の場で利用者はしないのはどうして...

 だから、障害特性で"マスクが出来ない人がいる"と考えた。無理強いしてパニックになっても仕方ないので、感染の可能性を極力避け徹底した予防対策をした場で過ごすのが賢明。だが「出来ない人」の判断は何処で誰がしたの?その根拠は説明できるの...

 この答えはマスクをするかしないかではないと気が付いた。それは私たちの中に"やっても出来ない..."が充満していること。家族に"グループホームで暮らしませんか..."と投げかける時、家族は出来ないのではないか...と不安になる。やってみないと分からない...などと話す私たちも同様に"出来ない"を前提にした支援をしていないか。障害者が"私たちに危険を冒す自由を下さい!"と宣言したことを思い出した。言語化できにくい利用者は、このような発信はしないだろう。しかし、たとえ言語化出来にくくても、利用者の"心(考え方、意思)"を理解して向き合うのが本当の支援ではないか。出来ないことを前提にした支援は、"お世話"の域を超えておらず、プロの支援(ケア)と言うには随分とさみしい...。(2020‐8②)

"齢"の重ね方

 音楽が好き、いや"音"が好きで波の音や小鳥のさえずる音をかけ椅子に身体をゆだねるのが至福の時。歩く時も、読書の時も、書く時もかけ続けるので、クラシック、ポピュラー...なんでも聞く。最近、歩く時の音源を変えた。発売の頃からずっとアイポットだったが、とうとう充電機能が悪くなり使いにくくなった。

それでも移動時の音源が欲しくてスマホにした。音源が変ると音楽が変り、これまで聞かなかったものも聞く。フォーク世代なので音域や音質が似ている小椋佳が好きだった。詩が評価されているそうだが、穏やかなメロディが好みだ。今も口ずさむが、最近さだまさしを良く聞くようになった。

 さだまさしは"精霊流し"で一世風靡し、"北の国から"や"秋桜"などのヒットを飛ばしたシンガーソングライター。なによりフォークソングにバイオリンを持ち込んだ人は他にいないだろう。ヒット曲以降は知らなかったが、その後も作り続けているようだ。

"償い"は死亡事故を起こした青年の贖罪、"風に立つライオン"はアフリカ医療に従事した医師の苦労や感情を描く。社会問題にも向き合い"僕たちは、戦争に負けた国に生まれたことを忘れてはいけない..."の歌詞も。さらに高齢故かパスワードが判らなくなってしまう"パスワードシンドローム"や、健康に気を使う姿を表す"豆腐が街にやってくる"など。関白宣言のパロディー"関白失脚"では"右に定期券、左に生ごみ..."。さらに"親父の一番長い日"では、娘を嫁に出す父親の心情を...。今年5月にアフガニスタンで凶弾に倒れた中村哲さんの歌"存在理由"を最近リリースした。

同世代ゆえ、どれもそうだな...と。だから"ありがたくて、ありがたくて...("償い"の青年が被害者の奥さんから手紙を頂いた時の言葉)"。家族、社会、国家のこと。若い頃の恋愛もの、大人になって考えが変化したり、若い頃に夢見たことが現実では...だったり、老いる我が身を見つめるなど、人生そのものを感じる

 若い頃はメロディばかり聞こえたが、最近は歌詞が聞こえてくる自分の変化にも驚くが、歌詞を聞いて若い頃の"歌"も、年を重ねた"歌"も良く思える自分にも驚く。

さだまさしの歌に"無駄に年取ったわけでもないでしょうに..."と短気をいさめる歌詞がある。年を重ね先が短いと無意識に感じるのだろう...、年寄りは怒りっぽい。好々爺なんて言葉もあるが、まだまだその域には到達できず、短時間に結果を出したくなる。だから今しばらく好々爺は封印して現実を見つめ続けたい...。いや、やっぱり穏やかでいたい。

歌詞を時代順に並べると、さだまさしが年を重ねる姿がしっかりと見える。だから、これだけ長く歌を作り続けられるのか...と思う。"継続は力"と言うが、自らが齢を重ねていると自覚できているからこそ"継続"する力を持ち続けられる。そんな年のとり方が"良い年の取り方"だと考える"齢"になったようだ。まだまだ、修行中の身のたわごと。(2020.8)