後援会「いずみ」のご案内

  • home
  • 後援会「いずみ」の基本方針と運営

後援会「いずみ」のご案内

後援会「いずみ」の基本方針と運営

後援会「いずみ」の役割

後援会「いずみ」の会則では、会の目的は「社会福祉法人藤沢育成会に集う障がいのある人びとの幸せを願い、育成会が行う各種事業を支援する」とあります。すなわち、後援会「いずみ」は法人の経営方針に基づく福祉事業を全面的に応援しながら利用者への支援活動を推進し、誰もが地域で自分らしく生き生きと暮らすことのできるまちづくりを目指しています。そして、藤沢育成会家族連合会(いつわ会)を始め関係機関の人たちと連携を図りながら、藤沢育成会を支援する人びとの輪を広げていきます。

後援会「いずみ」の存在

後援会「いずみ」は、社会福祉法人藤沢育成会とその誕生から一貫して支援共同体の関係で歩んできました。「いずみ」の存在的意味合いを考えると、次の3つに集約されます。

一つには、法人の進める福祉事業に協力する組織体として会員の人的パワーを生かした縁の下の存在と成り得ることです。二つに、チャリティコンサートなどの行事を協力して開催したり、障がいのある人が豊かに暮らせるまちづくりなどを法人と一体となり遂行する協働的存在としての組織体です。三つ目に、「いずみ」は後援会そのものですので、資源の開拓と資金援助による応援団体の存在です。

後援会「いずみ」の運営

後援会「いずみ」は、藤沢育成会の事業に賛同しこの会の活動に寄与する会員によって成り立ち、一般市民による個人会員、企業・団体からなる団体会員、そして藤沢育成会を利用する家族会員によって構成されています。

会の運営は、会則に基づき実施しています。実際には毎年、後援会「いずみ」の総会(全体代表者会)を経て会員から選出された役員によって企画運営されています。役員は全体役員と常任役員で構成され、後援会事業の実務は、常任役員が当たっています。

後援会「いずみ」の役員

後援会「いずみ」の役員数、組織は次の通りです。

会 長 会務の統括
副会長 2名 代表幹事(1名) 家族連合会代表(1名)
幹事 全体役員 8名 個人会員代表(3名) 法人外部より
家族会員代表(5名) 各事業所の家族の会より
常任役員 5名 全会員代表(3名) 兼 家族会員代表
施設長代表(1名)
法人事務局より(1名) 兼 職員代表
会 計 1名 常任役員 全会員代表 兼 家族会員代表
監 事 2名 個人会員より<外部> (1名)
全会員より<家族> (1名)
顧 問 3名 法人理事長 専務理事 常務理事
ページトップへ
  • 後援会「いずみ」のご案内
  • 後援会「いずみ」のご案内
  • 後援会「いずみ」の歩み
  • 基本方針と運営
  • 活動内容
  • 書籍購入のご協力について
後援会「いずみ」からのお知らせ