施設長・課長日記

  • home
  • 施設長・課長日記
藤沢育成会 施設長・課長日記 | 最新の日記
『「当たり前」の積み重ねは、偉大』(湘南だいち 宗像喜孝)

 ジメジメした梅雨の時期が続き、晴れの日が恋しい季節です。課長になって、4年目。この時期にHPの原稿を依頼されることがここ数年続いているため、梅雨時期が来ると課長日記の原稿を作成しなくちゃと習慣になりつつあります。

 

 さて、野球好きの方であればご存知かと思いますが、516日にDeNAベイスターズのホセ・ロペス選手(35)が、連続守備機会無失策のプロ野球記録(一塁手)を51年ぶりに更新しました。昨シーズンでは、946回の守備機会を無失策で終え、シーズン守備率10割を達成しています。これは一塁手としては、初の大記録だそうです。ちなみにロペス選手は、過去にNPB(日本野球機構)で4度のゴールデングラブ賞を受賞しております。

自分が幼かった時は、一塁手は、「足が遅くて、守れない人が守る」というイメージがありましたが、現代野球では一塁手の仕事は増えており、そういう時代ではなくなっています。すべてのポジションで最も守備機会が多く、その機会の中で難しい打球や送球を当たり前にさばくことで守備全体が落ち着くだけではなく、投手と一番近い場所でコミュニケーションを取れるポジションでもあり、精神的な柱としての役割も期待されています。 

そんなロペス選手は、実は、来日するまでのメジャー9年間で、ほとんど一塁を守ったことがなく、当初、本格的に取り組む一塁手の守備で、一塁手専用のグローブに馴染めずに苦労していました。その際に、当時のチームメイトの専用のグローブを借りると、しっくりときて問題が解決し、以後6年間、毎年オフに修理、補強を重ねながら今でも同じグローブを使用しているそうです。やはり、一流の選手には、ポリシーを持って大事にしている道具があるのだなと感じました。
 ロペス選手はインタビューの中で、「横浜に移籍して、今まで以上にノックを受けるようになりました。毎日ノックを受けたら、守備力がもっとアップすると思ったのです。いい練習をしたら、自信を持って試合に臨むことができます。(省略)2016年から3年連続で(ゴールデングラブ賞を)獲得していますが、簡単なことではありません。汗を流さなければ受賞できないと思っています」と話しています。常に自己研鑽の気持ちを忘れず、向上心を持って野球に取り組む姿勢に尊敬の念を抱いています。皆さんも是非、DeNAベイスターズの試合を観戦する機会があれば、ロペス選手の活躍に注目して頂ければと思います。

 

 

20190618写真.jpg

 

→高校時代に使っていたグローブを久しぶりに出してみる。当時流行りの刺繍には「不屈の精神」と入れました(笑)

>>・・・続きを読む

平成元年~令和元年へ(湘南セシリア 小野田智司)

梅雨時の季節となりました。

いつしか母の日に家族みんなで傘をプレゼントしたことを思い出します。

 

4月より湘南セシリアで勤務しております小野田です。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、先日週刊福祉新聞の特集「平成の福祉 令和へ」の取材を受けました。

 

記事の中で『平成元年5月に開設した知的障害者入所施設「湘南セシリア」(定員40名)。その正面玄関の前には階段がある。「当時、知的障害者は身体障害者と違い階段を苦にせず外に出るという発想でした」と石川さんは説明する。それから30年。高齢になった今の入所者は、階段を避けるため、裏にある入口から出入りするという。』と紹介されました。※一部抜粋

 

 

190611 課長日記 平成元年~令和元年へ 福新聞.jpg

 

▲福祉新聞(紙面の一部)

 

現在の湘南セシリアの平均年齢は47.6歳 平均障害支援区分5以上となっております。記事のとおり、表階段を乗降が難しく、施設裏手の平坦に移動できる入口を使用することも増えてきました。

ご家族からも、あちらが正面入り口であったらよかったですねとお話があるほどです。

またこれまでの改修工事の中でエレベーターを設置し対応してきました。

 

法人内外、色々な施設があります。

みな、似ているようで、

その時に時代を表しているのだろうと考えるようになりました。

 

そういえば、職員の名称も

指導員・先生から、援助員、そして支援員と変化してきました。

令和はどんな風に変わっていくのだろう。

 

 

皆さんもちょっと意識してみると新しい発見はあると思います。

 

 

 

 

190611 課長日記 平成元年~令和元年へ 5月の花.jpg

5月 お花をいただき飾らせていただきました

>>・・・続きを読む

「最高のおもてなし」 (サービスセンターぱる 梅田 忍)

この5月に元号が平成から令和に変わり何かと節目を迎える年になりました。節目と言えば私自身、この54日で結婚20周年を迎えることになりました。私は、今の法人に入職する前に、電気工事の材料を扱う会社の営業職をしていました。その当時の先輩が池袋で焼肉屋の店長をしているのですが、今年は久しぶりに先輩のお店に食べに行こうということになりました。ネットで予約を入れると、前日の夜に予約の確認の電話が入りました。

先輩が、私だとわかると「なんかあったの?」と特別な日であることを感じ確認されました。そういえば、前回は息子の卒業式の日に突然、訪問したことを思い出しながら、「明日、結婚記念日なんですよ」と伝えると「おめでとう!!明日、再会できるの楽しみにしているよ」と変わらず気さくに言って下さり、ワクワクしながら出かけました。

 

ディナータイムの忙しい時間で、ゆっくり話す時間は取れないのは理解しつつ、ホールをところ狭しと動き回り接客をしている先輩を見ながらおいしい食事を楽しみました。今はネットなどの口コミで色々な意見の書き込みがありますが、飲食店は料理、価格、雰囲気などの評価や意見が多い中、先輩のお店は店長の人柄も多く書かれていてリピーターが多いのが店の特徴で先輩の仕事ぶりの凄さを以前から感じていました。

オーダーを聞く際も本日のお勧めを伝えたり、料理を運んだ際もおいしい焼き方や召し上がり方を伝えたり、ときには、冗談を言って談笑されている姿はいつも感心させられます。また、各テーブルくまなく目配りされ、絶妙なタイミングで網の交換などしていました。

 

 私たち家族が食事を終える頃、店も落ち着いてきたタイミングで「今日は来てくれてありがとう。ちょっと渡したいものがあるので待ってて」と言われ、フラワーアレンジメントのプレゼントを頂きました。あらためておもてなしの心に感動し素敵な記念日になりました。

お店は夕方から、翌明け方まで営業しているのに、前日の晩に電話で話した情報で、ここまで準備しておいて下さってのサプライズにびっくりしたのとあらためて先輩にお客を満足させることを教えていただきました。

 

20190604写真①.JPG

素敵なお花をいただきました 

 

20190604写真②.JPG

富士芝桜まつりより

>>・・・続きを読む

『私の楽しみ方』(よし介工芸館・アートスペースわかくさ/儀保治男)

新元号、令和に変わり、色々な意味で新たなるスタートを切りました。私もこの4月より、よし介工芸館とアートスペースわかくさの兼務課長として異動になりました。新しい環境での業務を楽しみたいとおもい、わくわくしている今日この頃です。

 

さて、5月は大型連休ということで賑わっていましたが、皆さんいかが過ごしましたか。

私は、10連休とまではいきませんでしたがそれなりの連休を過ごすことが出来ました。

この時期は、外での活動が楽しくなる時期です。私は、54日(日)に相模原にある高田橋河川敷でバーベキューを楽しんで来ました。

前日に買い出しとバーベキュー備品の準備等を行い、当日は渋滞を避けるために早朝4時頃に家を出て高田橋に向かいました。

5月ということで高田橋では「泳げ鯉のぼり相模川」というイベントを行っていて、川の上空に多くの鯉のぼりたちが元気に泳いでいました。

 

 

20190528儀保写真(2).jpg

 

 

20190528儀保写真 (5).jpg

 

ゴールデンウィークといっても、やはり朝は渋滞もなくスムーズに現地に到着出来ました。車から荷物を降ろして、まずは設営!タープを張り、バーベキューコンロ、テーブル、イスを設置。クーラーボックスを降ろして食材を確認。今回は、牛肉・豚肉はマスト!海鮮でホタテとマグロのカマ等を準備!またアルミの深皿に具材を入れて、アヒージョも楽しみました!最近は、燻製にもはまっていて、チーズ、ベーコン、ゆで卵を燻製器でモクモクと仕上げて美味しく頂きました。

 

20190528儀保写真 (3).jpg

20190528儀保写真(8).jpg

 

こういうイベントは、当日も楽しいのですが、私はどちらかというとそのための準備と、その後の片づけが楽しいです。準備をしている時は、いろいろなことを想像しながらわくわく、片づけは次の準備ということで楽しく!次のイベントをどうのように楽しもうか考えることが、私の楽しみ方です。(よし介工芸館・アートスペースわかくさ/儀保治男)

 

20190528儀保写真 (1).jpg

>>・・・続きを読む

【波多江式インディアン的福祉論!? ⑨】 (湘南ゆうき村 アポロ 波多江 努)

現在のアリゾナ州北部周辺に保留地があった「ホピ族」は聞いたことのある方もおられるのではないでしょうか。

シルバーアクセサリ―のデザインやカチナドールでのココぺリやサンフェイスなどを見たことがある人もいるかもしれませんね。

 

そのホピ族に「かんしゃくを起こすと、友人を失う。嘘をつくと、自分自身を失う。」という言葉があるそうです。

 

「かんしゃくを起こすと友人を失う」という文章は、「友人」を「隣人」に変えてみる...。

隣人は自然と離れていきます。不快を感じたり、(自分が)承認されていないことに寂しさを感じますね。

 

また、「嘘をつくと」の部分を「妥協やごまかし」等の言葉に置き換えてみると、自分が大切にしようとしているモノを見失ってしまう危険があります。

 

この文章を書いていて、ふと思いましたが...

「(将来の夢)インディアンになる」は、「自分自身になる」ということなのかもしれません(悩)

 

 

画像009.jpg

 

 

オーバーレイのコンチョ  

数年前にオリジナルデザインのコンチョを作ってもらいました。

>>・・・続きを読む

ページトップへ
最新のおしらせ

過去のお知らせ

<   2019年6月
            1
2 3 5 6 7 8
9 10 12 13 14 15
16 17 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30