施設長・課長日記

  • home
  • 施設長・課長日記
藤沢育成会 施設長・課長日記 | 最新の日記
新年度のスタートにあたり感じること(湘南ゆうき村・相談支援プラザ 河原雄一)

新年度がスタートしました。私は今年度も湘南ゆうき村と相談支援プラザを担当いたします。よろしくお願いします。

さて、我が法人では、この4月から「新しい給与体系・人材育成を目的とした人事考課制度」がスタートしました。昨年度9月までは、コンサル会社と月一回この制度導入に向けての検討・研修を行い。コンサルが終了して以降、その運用と活用については、法人の手に委ねられました。昨年度の10月以降から現在まで、法人内の課長が中心となり法人の主任以上の管理職が参加し、人事考課の面談の仕方や人材育成ノートのつけ方、目標設定の仕方など、月一回のペースで継続した研修を実施しています。新しい仕組みを成長させようと継続している力・姿勢は凄い!!・・・と感じます。

(人材育成について)

どこの職場でも人材育成は大きな課題だと思います。今回法人が導入する人事考課の目的は「人材育成」です。考課する人が職員の状況を確認し、職員との面談を通じて、目標設定やモチベーションを上げるため方向性を確認します。

サービス管理責任者・児童発達管理責任者研修の共通講義「サービス提供のプロセスと管理」では、「サービス提供職員に対するマネジメント」で人材育成の具体的な方法について「コーチング」の技法について触れています。ちょっと内容を紹介します。

○コーチングとは?

コーチングとは「会話によって相手の優れた能力を引き出しながら、前進をサポートし、自発的な行動を促すコミュニケーション・スキル」です。それは、「答は、その人の中にある」ということが前提になります。答えをもっていると信じているからこそ、前進をサポートでき、自発的な行動を促すことができるのです。(播摩早苗「今すぐ使える!コーチング」PHPビジネス新書、P14引用)

・コーチングとは、相手の目標達成をサポートするためのコミュニケーション手法のひとつです。コーチングは人材育成におけるモチベーションアップの向上など双方向のコミュニケーション手法として大きな力を発揮します。

・相手がすでにもっている能力・意欲・経験などを引き出して、部下自らが主体的に取り組むようにサポートすることがコーチングのおもな目的です。コーチングは部下の目標達成をサポートするためのコミュニケーション手法のひとつで、社員の自立性やモチベーション向上に効果的です。コーチングを行うことで、部下は自分で考え主体性をもって働く習慣が身につくようになり、問題点のすべてに答えをもらう「やらされ感」から解放されて、よりやる気をもって働けるようになります。
・通常はティーチングで指導したほうが、上司も部下も楽ですし、短い時間で成果につなげることができます。しかし、多くの事業所で行われているティーチングによる指導では指示待ち社員を生み、上司の一方通行の指示に終始してしまいます。

あえてコーチングを行うことで、部下は自分で考え主体性をもって働く習慣が身につきます。また、ティーチングですべてに答えをもらっていた頃の「やらされ感」から解放されてよりやる気をもって働けるようになります。(コーチングマネジメントガイド 平野 圭子HP・ビジネス・ソリューション㈱HPから引用)

○コーチングで求められる力

・お二人の方の文献を引用しましたが、共通する点は「答えはその人の中にある」です。コーチングで求められる相手の力を引く出すための力は、職員との面談や会話の中で「聴く力」「働きかける力」です。

「聴く力」を持つには、相手を「受け入れる力(受容する人間力・理解力・分析力)」です。相手の話に対して、「働きかける力(質問力・コメント力・承認)」が重要とされています。

ちょっと分かりにくいかも知れませんので、職員とのやりとりで、自分が心がけている事の一例を紹介します。

・聴く力・受け入れる力・・・出来るだけ先入観を持たないようにその場に臨む。頭の中をクリアにして相手の話を聴くようにする。相手が話しているときに、次に自分が話すことを考えていることがあるので、その状況に陥らないよう私が注意する。相手の会話の合間に「うなずく」「そうだね」など、私が相手の話を聞いていることが伝わるように心掛ける。

・働きかける力・・・質問やコメントを取る時は、出来るだけ「なぜ、どうして、こんな結果になったの?」と詰問・尋問的な問いかけはしないようにする。

「答えは、その人の中にある」コーチングの基本に留意し、「あなたはどう思うかな?」「上手くできなかった理由には何があるのかな?」と言う問いかけをする。相手が知らず知らずに潜在的に感じていることに気が付いてもらいを「言葉に出す。言語化できる」ように心掛ける。・・・です。

実際は上手く出来ない事の方が多いですが。出来るだけ、一方的な指示、教え込みにならないよう、コーチングを意識することが、「自分がこうした人になりたい!!」ことの目標になり自分のモチベーションにつながると思っています。

○最後に

・平昌オリンピックで「カーリング女子チーム」が銅メダルを取りました。選手達の会話の「そだね~」が、結構話題になりました。「そだね~」の北海道弁のイントネーションの柔らかさ受けているようです。

私は「そだね~」の言葉には、自分がやっている事、言っていることの「了解や承認」を、私を含め世間一般の人が求めているから、心に残るのかな~・・・と勝手に感じています。

新年度がスタートし、新しい職場・新しい環境・新しい人間関係作りが始まります。報酬改定・法改正など複雑な仕組みも今年度から始まります。みなさん~一生懸命・ファイトでやりましょう!!(筆者合掌)河原さん30年4月写真①.jpg                  ○今年も友人から「かたくりの花」を送ってもらいました。

 

河原さん4月写真②.jpg

    

          ○横浜市戸塚区柏尾川の桜並木です。

>>・・・続きを読む

みなさま、本当にありがとうございました(湘南セシリア・みらい社 佐藤 貢)

よし介工芸館から4月にみらい社、湘南セシリアに異動してきました。まだ数日しかたっていませんが、どちらも古巣でとても懐かしく両施設を往復しています。とはいってもいろいろな変化についていけず、気持ちも新たに取り組んでいきたい思いです。

よし介工芸館には4年間在籍いたしました。あっという間だったような気もしますが長かったような気もします。職員のみなさま、利用者のみなさま、よし介工芸館にかかわるすべてのみなさま。みなさまに出会えて私は最高にしあわせでした。最後には利用者が描いてくれた似顔絵を贈っていただきました。ちょっと照れくさくもありましたがとても感激し玄関に飾りました。この場をお借りするのは申し訳ありませんが絵のご紹介もかねて御礼申し上げます。

 

みなさま、本当にありがとうございました。

 

IMG_8271.JPG

>>・・・続きを読む

「働き方改革」(湘南あおぞら・サービスセンターぱる 倉重 達也)

新しいスーツに身を包み颯爽と街を歩いている新入社員らしき人を見ると、こちらの気分まで若返った気がしてきます。

 初めて会社勤めというものを経験するのですから壁にぶつかって悩んで、挫折して地べたに落っこちても、元々がゼロはゼロだったという未経験者特有の強みが、彼らにはあります。これが怖さ知らずの若者の特権というものでしょうか。

 

 さて、働き方改革の議論がいろいろなところでなされています。国の総人口が減少することから労働力人口も減ることが一番の理由だということですが、在宅勤務を増やす企業が出てきたり、子連れで働ける会社があったりするようです。

 20年ほど前には日本の長時間労働が問題になり、年間総労働時間を減らそうという動きがありました。あまり成功したという実感がありません。ここ20年間の年間総労働時間は2,000時間で横ばいだそうです。

 

山本夏彦さんがコラムに書いていましたが、戦前は個人事業主ばかりだったのが、戦後、零細企業が増えていったのは一にも二にも税金対策の由。こうしてサラリーマンが労働人口の大勢をしめていったという構造的な問題も大きいと思います。

 

構造的問題と言ったのは、裁量労働制という議論がそうですが、サラリーマンが増えて月給あるいは時給という時間軸で均一に労働力を計量したことからきた弊害が、経験年数による昇給や評価制度の導入などでは修正しきれなくなったとも考えられます。

 

なんだか理屈っぽくなって、期待に胸を膨らませて入社式を迎えた若者には水を差すような話になってしまいました。

一番言いたかったことは、働き方改革は政府に決めてもらうようなものではなく、一人ひとりの生き方に関わる、もっと根本的な大切な問題ではないかということです。

 

                                           以上

第41回 写真.JPG

                     あおぞら自主製品「桜のポストカード」

>>・・・続きを読む

家族のあり方 (湘南だいち 三嶌悟)

湘南だいちの三嶌です。年度末で、引き継ぎや新年度の準備で忙しい毎日ですね。

さて、3月・4月は「出会いと別れ」の季節と言われます。3月は「別れ」、社会人では異動や退職、異動に伴う引っ越し、学生では卒園や卒業があります。4月は「出会い」、社会人では異動や昇格、新社会人の入社、学生は入園や入学があります。

こうした節目には、「家族」という一つの集合体の存在が大きく関わります。私は3月の中で、「家族」について考える機会があったのでご紹介します。

1つ目は、職場の部下の結婚式に出席しました。これまでの家族とこれからの新しい家族の船出に感動しました。2つ目は、休日に娘と映画「ドラえもんのび太の宝島」を観て、涙がこぼれました。3つ目は、お付き合いがある学校の卒業式と職場である児童発達支援センターぷれっじの卒園式に出席し、家族が歩んできた道のりを実感しました。最後は、湘南だいち職員の異動や退職、利用者さんご家族の訃報に寂しさと悲しみに触れました。偶然とはいえ、3月中にこれだけ「家族」にまつわる出来事がありました。

昨今、時代のニーズやサービスの変化に、「家族のあり方」が注目されています。色々な視点や意見がありますが、私の中で「家族のあり方」として大事なポイントは、「絆(きずな)と愛着」と思っています。東日本大震災から7年、人は困難や危機に直面すると「繋がりや絆」を大事にします。仕事の中では「チームワーク」です。もう一方で、人は一人では生きてはいけません。誰かに支えられ帰属しながら人生を歩みます。自分自身や他人、職場にも「愛着」が必要と思います。私は、家族や仕事・職場にも「愛着」があります。

この時期だからこそ、みなさんも「家族または家族のあり方」について考えてみてはいかがでしょうか?

新年度、湘南だいちでは毎年職員の行動目標を定めています。2018年度のテーマは「き(気)」です。このことは、次回の施設長・課長日記でお伝えします。

 2018年度は、法人設立30周年と湘南だいち設立5周年の節目の年度となります。桜も見頃です。身も心も踊らせ、新たな出会いと「絆」を作っていきましょう!!

 

 追伸:映画「ドラえもんのび太の宝島」おススメです(笑)

桜(2018年3月三嶌課長).jpg

>>・・・続きを読む

『ワークライフシナジー!?』(湘南あおぞら 宗像 喜孝)

巷のニュースなどには、安倍政権が目玉の政策と掲げている「働き方改革」についての話題が多く取り上げられていますね。是非、働かせる側の話ではなく、働く側を大事に考えた議論をしてほしいと思います。

そんな話題を耳にしていた時、ふと、学生時代の友人が話していた言葉を思い返しました。

"「最近よく『ワークライフバランス』なんて言葉を聞くけど、あれ、間違っていると思ってて、『ワークライフシナジー』なんじゃないかなって。どっちをとるかじゃなくて、双方が影響し合って今があると思うんだよね・・・。」"

なるほど・・・。バランス(調和)と言うと聞こえは良いが、プライベートと仕事のどちらかの時間の確保の問題になりかねず、一日の時間の中で仕事に多くの時間を費やしている人は、調和とは無縁の生活を生きるしかないことになってしまう。その点、シナジー(相乗効果)と捉えると、仕事とプライベートの相乗効果であるのだから、例えば、仕事をする中で学んだコーチングのスキルが夫婦生活や子育てに生かせる、また、プライベートで繋がったコネクションが仕事の商談に使える、友達との食事会で出た話題がこの課長日記の記事のもとに生かされる、なんて考え方に変わるのかと。

 

今過ごしている時間は仕事なのか、プライベートなのか、その線引きをしようとついやきもきしてしまいますが、「自分の人生」という大きなフレームから仕事とプライベートの両方を捉え、それぞれが影響し合っているので、それぞれの時間を充実させようと考えられると良いですね。年度末の忙しい時期に皆さんも多くの時間を仕事に費やされていると思いますが、こんな視点から仕事やプライベートを捉えてみると、少しは気が楽になるのではないでしょうか。思い切って仕事を早く切り上げてプライベートの時間を費やしてみると、思いがけず明日からの仕事が円滑に進むヒントに巡り合えるかもしれませんね。

 

DSC_4237.JPG

                                    

→数年前に娘からもらった手紙。仕事している父の姿が娘にとって、良い影響を及ぼしてくれますように・・・。

>>・・・続きを読む

ページトップへ
最新のおしらせ

過去のお知らせ

<   2018年4月
1 2 4 5 6 7
8 9 11 12 13 14
15 16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30