スタッフ日記

  • home
  • スタッフ日記
藤沢育成会 スタッフ日記 | 最新の日記
よし介工芸館の版画が情報誌の表紙とカレンダーに使用されました!

 「アートビリティ」とは、社会福祉法人東京コロニーが、障がい者アーティストの持つ才能を活用することで収入に結び付けることを目的として始められた事業です。全国から応募された作品を審査し、合格した作品のみをデータで保存し、企業や団体などに有料で貸出し、作品使用料の一部が作家へ還元されるというシステムです。


アートビリティには、よし介工芸館の版画作品が、約170点登録されています。その中から毎年、企業の方から選ばれた作品が冊子の表紙やカレンダーなどに使われています。


今回はその中から、井上敦史さんの「江ノ電」がアートビリティの2020年卓上カレンダーに使用されました。

 

井上あ 卓上① トーン補正.jpg


井上あ 卓上② トーン補正.jpg

 

 また、赤塚高志さんの「ビーフカレーライス 大盛り」が、医療福祉生協の情報誌「コムコム」10月号の表紙に使用されました。

 

赤塚 カレー トーン補正.jpg

 


 

 

よし介工芸館

大森正人

>>・・・続きを読む

『県立茅ヶ崎里山公園とのコラボレーションで法人表彰!』

皆さま、県立茅ヶ崎里山公園をご存じでしょうか?よし介工芸館では、色々とお世話になっている公園です。

普段の、利用者との運動プログラムでの活用にはじまり、公園内にあるギャラリーで展示会の開催、春・秋の里山公園まつりへの出店等々。

そんな茅ヶ崎里山公園とのコラボレーションで、この度よし介工芸館のアーティストたちのイラストが、スタンプラリーの台紙と11種類のスタンプになりました。このきっかけを作った柿澤職員が、その功績を称えられ109日(水)に法人表彰を受けました。

柿澤職員は普段より利用者の方との運動プログラムで里山公園に出かけた際、公園内のギャラリーで他の団体が展示会を行っていることに目を向け、よし介の利用者さんの絵も展示できないかと、直接公園管理事務所に掛け合い、その成果が実って、展示会に繋がりました。また、そのことがきっかけで公園が企画するスタンプラリーのスタンプ作製の話を取り付けてくれました。

表彰式は、よし介工芸館の活動室で利用者の方々も交えて行いました。これからもよし介工芸館は、利用者の素晴らしい感性を地域に伝えていきたいと思います。(よし介工芸館:儀保治男)


20191009法人表彰:柿澤職員 (22).JPG

>>・・・続きを読む

♪白玉フルーツポンチ作り♪

こんにちは。子ども支援部署です。

少し前のことになってしまいますが、放課後等デイサービスカラフルのコミュニケーションクラスでは、おやつ作りプログラムを実施しました。作るのはフルーツポンチですが、今回はなんと手作りの白玉だんご入りです。

 

スタッフが手順や材料を説明した後、役割分担を行ないました。

子どもたち同士で話し合って決めるために、まずは'相談する時のルール'を提示して説明しました。「ぼくは~がいいけど、みんなはどう?」と、自分の意見を伝えた後に相手の意見をたずねます。

少し緊張した表情ではあったけれど、自分の意見を伝えたり「うん、いいよ」等とお友達の意見に返答したり、話し合って役割を決めることができました。

 おやつ作り写真①.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作る時も用具を交代して使ったり、お友達が苦手な作業を代わりにやってくれたりと、みんなで協力し合って取り組みました。

白玉だんごはみんなで丸めました。真ん中をへこませるのもばっちりできていました。

熱湯を扱うのでゆでる作業はスタッフが行ないましたが、白玉が浮いてくる様子を見ると大興奮の子ども達でした。

みんな「美味しい~!」と言いながらおかわりをしていました。自分たちで協力して作ったものは特別美味しかったようです。

 おやつ作り写真②.JPG

 おやつ作り写真③.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  カラフルコミュニケーションクラスでは、毎回クラスの目標を決めてプログラムを行なっています。

今回は『お友達と相談・協力する』という目標を設定したところ、役割分担を相談して決め、作業を協力して取り組むことができました。

これからも子ども達が楽しいと感じられる活動を通して、ソーシャルスキルを身につけられるようなプログラムを取り入れていきたいです。

 おやつ作り写真③.JPG

おやつ作り写真⑤.JPG おやつ作り写真④.JPGおやつ作り写真⑤.JPG

おやつ作り写真⑥.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~お知らせ~

子ども支援部署の各事業所(星の村・カラフル・プリズム)では、施設の見学・体験利用を随時実施しております。

見学等を希望される方は、サービスセンターぱる 子ども支援部署までご連絡下さい。

TEL:(046628-0909

FAX:(046628-0959

                    担当 梅田

 

 サービスセンターぱる

 子ども支援部署 大田英江

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

>>・・・続きを読む

〇ポニー乗馬会に参加しました!


こんにちは!

湘南セシリアです!

 

先日、湘南あおぞらで行われたポニー乗馬会のお誘いを受け

参加してきました!!

★191004 ポニー.jpg

 

ポニー3頭とモルモットが来てくれました☆彡

 

★191004 ポニー乗馬会 (50).JPG

一緒におひとり15分ほど乗馬を楽しみました。

★191004 ポニー乗馬会 (47).JPG

 

乗馬後に、普段なかなか気持ちを言葉することが少ない方が

「お馬、楽しかった(^^♪」

と、気持ちを表現してくれることも!

 

 

日本大学の皆様

ハーモニーセンターの皆様

サービスセンターぱるの皆様

湘南あおぞらの皆様

お誘いいただきありがとうございました!

 

★191004 倉重さん.jpg


湘南セシリア

山口茜

>>・・・続きを読む

♪外出プログラムを実施しました♪

こんにちは。子ども支援部署です。

少し前のことになってしまいますが、放課後等デイサービスカラフルのコミュニケーションクラスでは、夏休みのお楽しみプログラムとして外出プログラムを実施しました。今回は、マクドナルド六会店で行われている藤沢市地域の縁側事業に参加しました。

昼食は、マクドナルドで食べました。自分のお小遣いを握りしめて、いざ注文!!注文する時に少しドキドキしている様子のお子さんもいましたが、みんな自分の食べたいものを店員さんにしっかりと伝えることができました。

外出プログラム②.JPG










































お腹いっぱいになった後は、いよいよ「みんな・de・六会」のプログラムの時間です。今回は輪ゴムアート、缶バッヂ、デコレーションボックスの中からやりたいものを選び、取り組みます。

一つのプログラムに集中して取り組む子、様々なプログラムを選んでたくさん作る子など、それぞれの楽しみ方で個性豊かな作品を完成させていました。もちろん、プログラムの代金もその都度自分で支払っていましたよ。

自分で作ったものを友達同士で見せ合うなど、笑顔いっぱいの時間でした。

外出プログラム③.JPG

外出プログラム④.JPG

外出プログラム⑤.jpg








自分でお金を払ったことや、店員さんや「みんな・de・六会」のスタッフの方々とも関わり、やりとりができたことは、お子さんたちにとって貴重な体験だったのではないかと思います。

開催時期は未定ですが、今後の外出プログラムもお楽しみに!!

 



~お知らせ~

子ども支援部署の各事業所(星の村・カラフル・プリズム)では、施設の見学・体験利用を随時実施しております。

見学等を希望される方は、サービスセンターぱる 子ども支援部署までご連絡下さい。

TEL:(046628-0909

FAX:(046628-0959

担当 梅田

 

サービスセンターぱる

子ども支援部署 大田英江










































































>>・・・続きを読む

ページトップへ
最新のおしらせ

過去のお知らせ

<   2019年10月
    4 5
6 7 8 10 11 12
13 14 16 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31