7つの取り組み

人はひとりでは生き辛い。 繋がることで生まれる「安心」は、
勇気を与えてくれます。

施設利用やヘルパー派遣など、藤沢育成会が行うあらゆる支援は、まずあなたと「繋がる」ことから始まります。その入口となるのが相談支援プラザ「ふらっと」の相談部署。ご家族やご本人から、また関係者の方々から、いつもたくさんの相談が寄せられ、専任の相談員が対応しています。

まずあなたを知ることから

電話やお会いしてお受けする相談は、できるだけ垣根を低くして対応させていただいています。ご自身の身体に関することから、生活のこと、子育てのこと、お金のこと…話の内容が整理されている必要はありません。話しをすることで、少しずつ整理されるのですから。
相談支援においては、ただサービスや施設を紹介するだけではなく、まずはその人のことを深く知ることから始めます。どのような経験をもっているのか、何をしたいのか、なぜそうしたいのか……。いろいろなお話をお聞かせいただき、その人のことを理解する。これを基本に、その人なりの生活や、そのために必要な環境を整えるなどのことについて、一緒に考え、行動します。

あなたの「安心」の場でありたい

たとえば相談支援の結果、目標が達成されたとしても、相談者の方には「いつでもまた相談に来てください」と伝え、必要に応じて継続して対応しています。人生においては、考え方や状況、環境が変化するのが当たり前です。

もともと人は成長する力を持っていますし、私たちはその力を信じています。でも一方で、人はひとりでは生き辛いということも知っています。全てを自分の中で消化し、解決することはできません。誰かがいることで「安心」が生まれ、「安心」があることで困難に立ち向かう勇気が湧くかもしれない。私たちがその「安心」の場になれたら、と考えています。

インタビュー:藤沢育成会の考える「繋がる」について、その想いを聞きました。