7つの取り組み

育つのインタビュー

「ぷれっじ」支援主任 大久保

育つ

一緒に「はじめの一歩」を踏み出そう。

ぷれっじは、発達に難しさのあるお子さんが通う施設です。着替えやトイレをはじめた生活の自立、「おもちゃ貸して」というようなコミュニケーションの最初のステップを支援しています。多くの子どもたちにとって、ぷれっじは「最初に出ていく社会」です。初めて親元を離れ、集団生活を経験します。親御さんにとっても、初めてのことばかり。私たちの仕事は、子どもたちやそのご家族の「はじめの一歩」を支援することなのです。